ペットシッターブログ

LAギャングストーリー感想

インフルエンザが猛威を奮っております。
手洗い・うがいをきちんと心がけましょう。
私もちょっと風邪気味だったのですが、睡眠充分に取ったり、筋トレしてたら良くなりました。

さて、本日は成人の日。
かれこれ私も2度目の成人式です(笑)
まあそれはどうでもいいですが・・・

久々に映画の感想など。
DVDで、「LAギャングストーリー」を鑑賞。
目当ては勿論、ライアン・ゴズリング!!
久々のライアン。ああライアン016.gif

映画は大抵、好きな俳優が出てるか否かで見てます。
昔ほど、見る回数がほんと減ったけど、最近は選んで見るようにはしています。
好きな人が出てて、尚且内容が良かったら最高の出来という具合に。

で、肝心の内容でしたが、なんかこれ、「アンタッチャブル」に酷似してるんですよね~。
一瞬、リメイクかな?と思った程。
私の好きな映画の一つが」アンタッチャブル」なもんで、比較するとちょっとパロディっぽいと思ったんだけど。
でも、舞台はLAだし、やはり別モンみたいです。

普通にアクションギャング映画として見れば楽しめます。
最初から最後まで、銃ぶっぱなし。すぐ人が死ぬ。など、粗い点が見えますが。
それと、他所のレビュー読んでて同感だったのが、ショーン・ペンの演技が、やりすぎ感があるのね。
なんだかすごい気合入ってて、「演技うまいっしょ、俺」的な。
若干見てて、引いたんだけど。
やはりそこで比較して見ちゃうのが「アンタッチャブル」でのロバート・デ・ニーロの上手さ。
中学生の時に見て、デ・ニーロを初見だった私は、この人はてっきり太ってるんだと思ってたし。

後、とどうしても「アンタッチャブル」と比べて見てしまうけれど、「LAギャングストーリー」は恋愛要素も入ってて、そこが前者と比べると薄っぺらいのよね。
「アンタッチャブル」は前編男くさい、恋愛エピソードゼロな男の映画だったのに、LAがはいってる時点で軽ノリなんだろうか・・・

で、目当てのライアンですが、カッコよかった~。
今回は、近頃よく見た無口で寡黙なクールキャラでなく、クールだけど、割とよく喋るいい男でした。
警官の役だけど、着こなしが素敵だし、前編見惚れてしまうセクシー&かっこよさ。
と、ミーハーな感じで書いてますけど、ライアンは見た目だけじゃなく、演技もしっかり出来る役者さんですから。

まあこの映画、ライアン見るだけでも楽しかったし、アクションとしては飽きさせないで見れる映画です。
気になったのは、所々でスローモーションの映像になる点。
何の意味があるんだろうか。あれよくわからないです。
「ドライヴ」の時のキスシーンがスローモーションになったのは、背筋がゾクゾクしましたけど。
意味のないスローモーション映像は、見てても??でした。


新しいデジカメで撮ったタビー君。
a0312665_1054897.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2014-01-13 10:55 | 映画
<< あったかインナー 2014年スタート >>



猫と仕事と趣味のお話し