「ほっ」と。キャンペーン

ペットシッターブログ

欲望のバージニア

雨降りの水曜日emoticon-0156-rain.gif
そんな日は家でDVD見るに限るかなあ・・・
というわけで、TSUTAYAオンリーで中々見れなかった「欲望のバージニア」を鑑賞。
勿論、デイン・デハーンが出てるからってだけで見たかったんです。
が、内容も普通に面白かったです。

とても男臭い映画で、舞台は禁酒法時代のアメリカ南部。
禁酒法といえば、思い浮かぶのが「アンタッチャブル」。
中学生の頃の私のベスト1な映画。全編男っぽくて、余計なロマンス皆無のクールな映画でした。

「欲望のバージニア」は、実際にいた3兄弟のお話しで、原作は末っ子の孫が書いたそうな。
主演がこれでもかって程の豪華キャストでした。
3兄弟の中では、次男のトム・ハーディーが一番カッコ良い。
無骨で無口な男の役。
で、主役の末っ子がシャイア・ラブーフ。
どうも、この子がいけ好かない・・・大作の主役が多いせいか、こんな普通の顔した子がなんでかなあと常に疑問なんですが、今回はイライラさせられるシーンばかり。
そもそも、お前のせいだろって言いたくなるような事ばかりしでかしてくれます。
DVDにキャストのプロフィールがあったんですが、スタンダップ・コメディ出身なんですってね。意外。

その友人役がデインなんだけど、男臭い連中ばかりなせいか、妙に子供に見えました。
15、6歳?でも通じそうな・・・か細い上半身を見せてくれてるし。
か細くて弱々しく、最後も可哀想でしたemoticon-0101-sadsmile.gif
いつも可哀想だな、デインは。。。

そして、今回の目玉はガイ・ピアースですね。
イケメンの面影もなく、徹底的に嫌な役でした。
妙な髪型して、本当にむかつく男を演じてた。それが上手いんでしょうね。
ゲイリー・オールドマンも出番は多くないですが、ベテランの貫禄たっぷりでした。

役者が良かったから、飽きずに見れたけど、粗も少々見え隠れ。
実在の人物の話で、不死身の兄弟と言われてたとはいえ、そんなんで生きてんのか!?って所が多々あり。
ラスト近く、銃でやたらと撃たれてるのに、何故か生きてるフォレストとか。
やはり不死身だから生きてんのかって思ったり・・・

最後は皆結婚して、禁酒時代も終わり、めでたしめでたし・・・という感じなのでハッピーエンドなんですが。
ちょっと痛そうなシーンが多いですが、男っぽい映画らしい映画でした。
ジェシカ・チャスティンがキレイでしたね~。
そういえば、デインとは本作の共演で仲良しになったようですが、ツイッターでもフォローし合ったりとか。
でも、この手つなぎはどうなの??と思いましたが。
a0312665_1649540.jpg

まあ、普通に姉弟のような感じなんでしょうけど。
デインは弟にしたい子だよね~。確かに。

私、ツイッター見ててすごく不可思議というか、例えばデインの奥さんのアンナ・ウッドに対して、「デインは私のものよ!」みたいなツイートするファンをたまに見かけるんですよね。
妄想が膨らみ過ぎているのか、若さゆえの嫉妬と暴走なのか、普通にファンとして見守れないのかしらー。
私はオバさんなんで、仲良しの夫婦を見るととっても微笑ましくて、ずっと幸せでいてほしいって思っちゃうのですが。

ブログ書いてたらイビキが聞こえてきました。
a0312665_16552810.jpg

a0312665_16555022.jpg

a0312665_16562742.jpg

昨日はどこかで子猫の鳴き声が聞こえたので、茂みを探してみたら、タビーみたいな色の子が小さな口を開けて「シャー」と一生懸命威嚇してました。
1ヶ月位だからもう人間を怖がる位の自我が出てくる頃ですね。
ママを探していたんだと思うけど、無事に会えたかな。。。
[PR]
by tabbythecat | 2014-05-21 17:01 | 映画
<< 夏日 アメージングスパイダーマン2 >>



猫と仕事と趣味のお話し