ペットシッターブログ

フランコ登場

冬ってどうしてこんなに寝れるんでしょうか・・・
早く床についても、朝はいつまでも布団から出れません。
夏場は暑くて早朝に目が覚めるんだけどなあ・・・

今朝方見た夢、何故かジェームズ・フランコが出てきました。
ファンってわけじゃないけど、嫌いじゃないし、カッコイイですよね、彼。
今日は1日、フランコに夢中でしたし。

最近見たDVDを2本ご紹介。
1本目「ビフォア・ミッドナイト」
ご存知のビフォアシリーズ。
正直、このシリーズに思い入れは全くなく、特別いいとも思いません。
私、ラブ・ストーリーは苦手なので。ラブ・コメは好きなんですが。
とはいえ、このシリーズはベタな恋愛ものとは違って、リアルな会話が売りなんですけどね。

どうも、ジュリー・デルピーが好きじゃないんですよね、昔から。
若い頃のインタビューで、ハリウッドで着飾ってパーティーにいる女性たちを馬鹿にして、自分はジーパンにノーメイクだから逆に目立つのよ、とか言ってましたが。
そりゃあ、昔は可愛かったから目立ったでしょけどね。
今の彼女、ただのフランスのオバさんですもん。
45才だから仕方ないかもしれないけど、同じ位のジェニファー・アニストンなんかは体も引き締まってるし、若々しいし変わらずにキレイ。
そんな女優の割にだらしないジュリーさん(大概失礼ですね、私って)、映画の中でも文句ばっかり言ってる中年のオバさんなんですよ。
確かにね、イーサン・ホークもシワが増えて劣化しましたけど、やはり渋みも増して素敵なんですよ、イーサンは。
そんなイーサンがジュリーみたいなフランスの田舎のオバさんを変わらず愛し続けるなんて、ねえ。
彼女のドレスを脱がせて、「これが見たかった」とか言ってましたけど、あんなもん誰が見たいんだって。
しかも上半身裸でペラペラ文句ばっか言ってて、こんな女とよく一緒にいられるなあと思ったものです。

それと、やたらとジュリーの役どころって頭の軽い女を馬鹿にしてるんですよね。
きっと彼女自身の本心なのかな。
自分はインテリなフランス女で、頭の弱い顔と体だけの女を揶揄してる、嫌な女なんですよ。
理屈っぽい文句ばかりの中年女より、頭からっぽだけど可愛い女のが同性としてもよっぽどいいですけど。

そんな感じでこの映画、中年になった2人の関係がメインですが、私には響くものはないです。

もう1本「ザ・イースト」
これは良かったです。すごく面白かった。
あまり話題にもなってない作品ですが、なかなかの出来でした。
内容は環境テログループに秘密捜査で潜入する元CIAの女性の話なんですが、このテログループのやっている事、一概に悪いとは言えないんですよね。
皆が知ってるような大企業が、自分たちの利益だけのために、危険な薬を開発したり、水を汚染していたり、そのために犠牲になっているのは一般の人たち。
その大企業に復讐していくんですが、もし、自分の身内がその被害者になってしまったら、環境汚染により病気になってしまったら、どう思うでしょう。
このテログループのやってる事を批判出来るのでしょうか。
目には目をですね、まさしく。

そしてその中の1人、エレン・ペイジ扮する役の女性は実の父親が加害者であり、父親のやってる事に対する反発でテロに加わります。
父親の会社が行ってる環境汚染のせいで、幼い子供が病気になり亡くなってしまったのに、当の本人は汚染地帯から離れた高級住宅地にのうのうと暮らしてる。
彼女が父親に投げかける言葉は胸に染み込みました。

ただ、正直思ったのは主人公の女性。
元CIAで潜入捜査をしている程なのに、心が揺れ動きすぎでないかなあ。
まあ、そこが人間らしいんでしょうけど。
最後も信念を持って活動する姿は、凛々しかったです。
主役の女優さん、初見だったんですが、キレイで素敵でした。
すごい才女で女優だけでなくプロデューサーなども手がけてるんですね。

と、1本目はボロクソに書いてしまいましたが、「ザ・イースト」はオススメです。
[PR]
by tabbythecat | 2014-12-14 22:55 | 映画
<< ゴーンガール デビルズ・ノット >>



猫と仕事と趣味のお話し