ペットシッターブログ

2015ベガス旅行記11

明日はまた雪のようです。暦の上では春なのに、まだまだ寒いですね。
昨日は21時半頃眠くなり、22時には就寝。
2時頃ハッと目が覚めたんですが、またすぐに眠り、6時半まで寝てました。
我ながら寝てばかりいます。歳のせいでしょうか。

さて最終回となりました、ベガス旅行記。
帰国の日です。
去年は4時頃ホテルをでなければいけなかったので、寝ませんでしたが、今年は9時のフライトだったので、眠る事が出来ました。
ベガス最後の夜はオールナイトで、という人が多いと思うんですが、先述したように私も歳ですから睡眠は大事なのです。
5時間位は寝て、6時すぎに部屋を出、タクシーで空港へ。
セキュリティは案の定、長蛇の列でしたが、無事突破。
朝ごはんを空港で食べ、後は帰るだけです。

帰るのってなんでこんなに悲しげで、絶望的な気分になるんでしょう。
現実に戻るのが辛い瞬間です。
その為の、旅行であり休暇なんでしょうけどねえ。

心配していた帰りの乗り継ぎも、すんなりといきました。
帰りの飛行機はガラガラでした。
アメリカは3連休だったためでしょうか。

映画は2本見ました。
「ミュータント・タートルズ」と「イコライザー」
「ミュータント・・」はアニメで昔見ましたが、今更なぜに実写??
私が高校生位の頃、大流行りでしたが、日本での知名度ってどうなんだろ。
映画のほうは特に新鮮味があるわけでもなく、ヒロインがミーガン・フォックスによく似た美女だなあと思ったら本人でした。
「イコライザー」のほうが面白かったです。
デンゼル・ワシントンの映画っていつもちょっと避けてしまうのですが。
嫌いではなく、むしろ好きな俳優さんに入るんですが、彼がでてる映画って内容云々よりも、「デンゼル・ワシントンの映画」って括りになってる気がして。
クロエちゃんがまさかの娼婦役で出ています。
子供だと思ってたのに、こんな役をやるようになったとは!
ムチムチして可愛かったです。演技も上手いし、この子は。
内容も、所謂アメリカ式のご都合主義なそんなわけないだろ的なんですが、それでもスカッとして楽しいです。
ロシアを徹底的に悪者にしてます。
調べたらこの映画の監督はプロバカンダ映画御用達なそうなんで、今後の米露関係を描いたような作りなんでしょうけど。
一見、むちゃくちゃなお話しですが、デンゼルはやはりカッコイイし、魅せてくれます。

そんな感じで2本映画を見て、途中でウトウト寝たりしながら成田へ到着しました。
帰りは総じて、めんどくさい。けれど、家にはいい子で留守番していたニャンがいつものように迎えてくれました。
a0312665_11474783.jpg

元気にしてました。妹によると、ゴハンをあげる時など寄ってきたりしてたようですが、最終日に触ったらシャーっと言ってたようです。
猫の不思議な所で、擦り寄ってきたりするクセに触ると怒るっていう・・・

実家のチップも元気でした。
a0312665_11501752.jpg


今回でベガス旅行記はおしまいです。
今回はいつも以上に充実した旅でしたが、入らなかったホテルが結構ありました。
ベラージオ・フラミンゴ・ハラス・ウィン・パラッツオ・パリス・バリーズあたりは比較的入るのですが、今回は行けませんでした。
ベガスのホテルは巨大ですから、モールのあるホテルなんかだと半日は潰れてしまうので、スケジュール的に全部行くのは難しいです。
そして、今回よく仮装して街中ウロウロしてる人たちの中に、アナ雪のオラフが結構いました。
4体位はいたと思う・・・・

まだわかりませんが来年行けたら、バリーズの長年工事してた部分が完成されていると思うので訪れてみたいし、19回も行ってるのに実は行った事ないラスベガス・サインで写真も撮りたいし、アウトレット・サウスの方やタウン・スクエアにも行ってみたいです。
見所は沢山、お金が有り余ってたらもっと楽しいんでしょうけど・・・・
堅実に働いて、思いっきり楽しむのが、ベガス流でしょうか。

今回もお休みをいただき、皆様にはご迷惑をおかけしました。
お陰様でリフレッシュ出来ました。今後も仕事に励みますので、宜しくお願いします。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-04 12:11
<< 雑記いろいろ 2015ベガス旅行記10 >>



猫と仕事と趣味のお話し