ペットシッターブログ

プリズナーズ

花粉の季節になってきましたが、風が強いと一段と寒くなりますね。
一昨日位から風が強くて、外にいるのが嫌になってきます。

さて、最近見たオススメのDVDをご紹介。「プリズナーズ」
評判が大変よかったし、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールのW出演という事で、期待大。

感想は・・・すごく面白かった!!評判通りでした。
最初から最期まで、ハラハラドキドキでこの寒いのに手足に汗びっしょりかいてしまいました。
なかなかよく出来たサスペンスだと思います。

娘のためなら、そこまでやるか!?と思ったりするも、切羽詰っていたらきっとこうなってしまうんだろうなと思ったり。
娘の父親役のヒュー・ジャックマンは勿論適役で文句ないし、刑事役のジェイク・ギレンホールの見事なアヒル口は健在でした。
天然なアヒル口のジェイク、日本の女子もさぞ羨ましいでしょうな。

終わり方も私は好きでした。
きっと自分の子供が誘拐されたら、この家族のような気持ちになってしまうんだろうなと感じたり。
それと、この映画は宗教的な映画だそうです。
悪魔・神・異教徒の3者が織り成す物語という解釈で見てみると奥深いものがあるかと。
最後のほうで気づいたんですが、ジェイクが演じるロキ刑事が小指にリングをしているのが印象に残り、後で調べたらフリーメーソンの指輪だそうです。
とある解釈では、結局神や悪魔が事を解決するんではなく、フリーメーソンが解決するのであるとか。

そこまで解釈出来る人は少ないと思うけれど、映画を通してサブリミナル的にメッセージを放出してるのかもしれませんね。

それと、さっきまでBSでやってたんですが、「ゴールデン・スランバー」がなかなか面白い。
特に、濱田岳君演じる通りがかりの男がいい味出しており、伊坂幸太郎の原作が読みたくなりました。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-15 22:13 | 映画
<< アメリカン・スナイパー 雑記いろいろ >>



猫と仕事と趣味のお話し