「ほっ」と。キャンペーン

ペットシッターブログ

靴職人と魔法のミシン

結局「ライフアフターベス」を見にいけないまま、終了してしまいました。

代わりに他の映画を見に行こうと、シネマシャンテで「靴職人と魔法のミシン」を鑑賞。
同じくシャンテで上映中の「真夜中のゆりかご」とどちらを見るか迷ったんですが、内容が重そうだったので止めておきました。
どちらも予告で観て面白そうだな~と思ったんですが、知ってる俳優が沢山でてる「靴職人・・」のほうがコメディタッチで気軽に見れる感じがして。

初回でしたが、チケット売り場が長蛇の列でした!
なんで?と思ったのですが、本作が公開2週目という事もあったし、「アドバンスト・スタイル」のほうを見る人も多かったのかなあ。。
オシャレなマダムも沢山いたので。

割と混んでいて、席も前のほうの一番端でした。
若干見づらかったけど、周りに人がいなくて快適でしたよ。

感想は、面白かったです!
意外と掘り出し物なんじゃないですかね、この映画。
主役はアダム・サンドラーですが、彼の映画って外れがないと私は思ってるんですよね。
比較的笑えてそこそこ面白い、傑作ではないけれど安心できる映画が多い。
なんせ私の大好きな作品のひとつに「ウエディング・シンガー」がありますし。

しかしアダムってここ何十年と主役で映画に出続けてますね、やはり人気なんだな、本国では。
日本ではイマイチ知名度も低いですね。私は好きでも嫌いでもないんですけど。
脇を固める俳優陣も豪華でして、ダスティン・ホフマンにスティーブ・ブシェミ、エレン・バーキンと役者揃い。
久々にブシェミを見たけど、すっかりお爺さんになってました。

ちょっとブラックな部分もあり、笑えて最後は心温まるヒューマンコメディでした。
ラストのオチがすごく好きなタイプの作品で、大人のファンタジーって表現をしてる感想を拝見しましたが、まさにそんな感じ。
楽しく見れて最後はほっこり、笑顔で映画館を出れる、オススメです♪ 
[PR]
by tabbythecat | 2015-06-10 22:48 | 映画
<< 恐るべし、イソフラボン チョコレートドーナツ >>



猫と仕事と趣味のお話し