「ほっ」と。キャンペーン

ペットシッターブログ

飼い猫に手を噛まれる〜手術編〜

a0312665_15243271.jpg

前科一犯のタビー氏。

飼い主を病院送りにしたところで何のお咎めもなし。タビーが悪いわけではないですから。

前回の続き。手術編です。
噛まれて1週間。
今度は形成外科を受診しました。

先生は1人だけの様子。
呼ばれて手を見たあと、「エコーをとらせて頂いていいですか?」とのこと。
優しそうな先生です。
別室でエコーを撮り、また戻って説明を聞く。
関節炎を起こしているのか、関節に何かが溜まっているとか何とか。

形成の先生だと、関節は分野ではないようで、整形の先生を呼んで手を診てもらいました。
噛まれた箇所を押してどこが痛いか聞く先生。
そして、今度はまた整形外科の方に回され…

少し待った後、呼ばれてまた違う先生。
どうやら関節専門のドクターのようです。
とても話しやすく、そつがない感じの方で好印象。
手を診て、エコーを見て、「切ったほうがいいかもしれません。」

抗生剤を飲んで様子を見ていくという事も出来るが、このままだと骨髄炎になる恐れがある。
早く切ってしまった方がいいとの見解でした。
確かに、痛みに耐えながら様子見るより、スパッと切ったほうが治りも早いのか。
悪化する前に、手術してしまおうとその日に切開する事に。

1時過ぎでしたが、3時にスタートとの事で、一旦帰宅。
仕方ないけど、怖くてずっと動悸がしてました。
手術した事ないし。

3時に病院戻って、前の手術が押してるとの事で待つこと1時間。
想像してたのは、診察室で手だけ出して、麻酔してスパスパッと切って縫って終了でしたが、看護婦さんに誘導されてまずは血圧を測る所から。
緊張のあまり、血圧がとんでもなく高い数値になってた為、測り直し。

その後、手術着に着替えさせられました。
え、局部麻酔だけなのに?と困惑しましたが、更に緊張させられたのが、本格的な手術室で行うこと。
ドラマでよく見るようなお部屋で。
手だけでもこんな風に手術するんだと一人で困惑気味に。

まずは脇の下に麻酔をしますが、チクっとするも大した痛みはなし。
麻酔が効き始めると、ビリビリっと電流が走ったような感じで、腕が段々重くなってきます。
そのあとも、指全体に麻酔が行くように、何度か注射しました。
全体的に効くと今度は、患部付近に麻酔をして、感覚が完全になくなった所でスタート。
手術中は全く感覚はなく、痛みもありません。
先生と雑談しながらの楽しい?手術です(苦笑)

程なく終了し、点滴を刺されて手術室を退散。
術前に看護婦さんに、痛いですかねと聞いたところ、
「手術は麻酔が効いているので痛みはないです。ただ、術後に痛みが出てくるかも。でも1日経てばなくなりますよ。」との返事。
これがまさにその通りでした。
術後、痛みがズキズキズキズキとやってきました。。

点滴終了までは帰れないので、痛みに耐えながら待つこと30分位。
終わってお会計し(思ったより安かったです。)急いで薬局へ。
痛み止め飲まないと耐えられなくて、薬剤師さんに「痛いです。痛いですー。」と呪文のように唱えてましたww

帰ってすぐに坐薬入れて、痛み止め飲みました。
その後、すぐにお仕事に行く予定があったので。
先生からも痛みでズキズキしますよって忠告されてたんですが、仕事が入ってる以上は死なない限りは行きます!

薬が効いて来たか、少しするとだいぶ痛みが和らいできました。
しかしバスの中でSuicaを左手で持ってたからか、落としたことに全く気づかず、東上線乗る時にない事に気付きました。電話したら落し物で預かってますと。
右手が不自由だと何するのも一苦労です。
まずお箸が使えないし、ペットボトル開けるのも猫缶開けるのも大変で。

それでも、痛みが薄れて来たので、安心してその日は眠りにつけました。
続く。
[PR]
by tabbythecat | 2015-12-06 16:33 |
<< 飼い猫に手を噛まれる〜術後〜 飼い猫に手を噛まれる >>



猫と仕事と趣味のお話し