ペットシッターブログ

抜糸

さて、暮れが近づいてきました。
年賀状作成に明け暮れる日々です。
プリンターが故障してしまい、同じインクの型の中古品を急遽購入しました。
今年は買い替えが多いです、しかし。
支出が多かったけれど、何気に収入もあったので、五分五分って所でしょうか。

右手負傷中なため、ここんとこブログをBlackberry Passportから書いております。
PCだとどうしても、右薬指を使うので書きずらいんです。
Blackberryの場合、親指で打つのが基本なので、何気に打ちやすい。
まあ、日本語変換の馬鹿さには参りますが。

タビー??に噛まれて3週間。
本日抜糸してもらいました。
経過も良好で、あと2日したら水に濡らしてもいいとの事。
しかし、平日の午前中って病院混んでますね。
2時間近く待ったかも。

最近は縫っても溶ける糸を使うと言われてますが、恐らく目に見える部分(特に手とか)では、従来のように抜糸する形の糸を使うようです。
先生には、経過を見るため後もう1回来てくださいと言われ、とりあえず終了。
1ヶ月位は薬指が引きつる感じが続くようですが、お箸は持てるようになりました。

しかし、噛まれた当初は病院に行くのが嫌で嫌で、人医に慣れてないので、通院が苦痛だったんです。
初めに診ていただいた先生が、手もロクに見ないし、人の顔も全く見ないで参考書か何か見てるので、感じ悪いなあと思ってたんです。
その後に担当となり、執刀していただいた先生は話しやすいし、ハキハキしてきちんと目を見て話してくれるので、信頼出来ました。
歳も、私より少し若い位かなあ。
お医者さんってあまりいいイメージなかったんですが、今回お世話になった先生は、非常に良い方でした。
思えば、手術に通院の苦悩から自分を守る為に感情転移していたのかなあ。先生に。
病院に行くのが日課になって、先生に会うのが楽しみになってたりしてww
通常は心療内科の患者と医師の間で起こるのが感情転移だそうですが、自分が弱っている時に親身に救ってくれたとなると、そういう感情が芽生えるのかもしれませんね。
幼児退行みたいなものなのか、精神科などだと同性の先生に対してもどっぷり転移してしまう人もいるようですね。

通常は診察が終了すればなくなるものですが、暇さえあれば病院に通ってるお年寄りって、そうやって先生に対して転移してしまってるんじゃないかと思ったり。

と、こんな事書いてますが、まだあと1回通院するんだった(^_^;)
[PR]
by tabbythecat | 2015-12-16 14:50 | 独り言
<< 猫の排泄物について 飼い猫に手を噛まれる〜術後〜 >>



猫と仕事と趣味のお話し