ペットシッターブログ

ダム・キーパー

この間の岩合光昭さんの猫歩き「ベトナム・ハノイ編」見ましたか?皆さん。
子猫満載で神回でしたね!!
異国の風景とそこに住む猫のコラボで、毎回心が洗われるよう。
猫に優しい街は魅力的ですね。


話変わって、短編アニメの「ダム・キーパー」を見たんですが、ボロ泣きでした。
18分という非常に短いアニメーションなんですが、とても良い作品でした。
アニメながらとても深いテーマでして、大気汚染とイジメの問題を扱ってます。
子豚が主人公で、彼はお父さんの後を継いでダム・キーパーとなるのですが、いつも体が汚れているからか街の人や学校でもイジメの対象になってます。
そしてある日、転校生のキツネと出会い友情を育んでいくのだけど‥
という内容で、子豚がいじめられるシーンが可哀想でひどくて、涙が。

私自身はいじめられた事はあっても、人をいじめた経験はありません。(多分)
というのも、いじめてる人って気付いてない場合がありますよね。
芸能人でも過去にいじめられた経験があると告白する人は多いけど、いじめた事があるって言う人はほとんどいないし。
大人になってからだと、いじめた過去があるなんて知ったらその人を見る目変わるし、お付き合いしたくないですよね。
ところが学生時代って、いじめの首謀者的存在が皆から崇められていて逆らえないみたいなそんな理不尽な構図になっているんです。
まあ怖いんですよね、自分がターゲットになるのが。
今考えると、いじめる人間って言うのは、何がそんなに不満なんだろう、家庭で愛されていないのだろうかと思ってしまいます。
愛されて育った子ならば、皆に優しくなれるし、鬱憤を晴らすようにいじめなんてしないと思うんです。

極端な例えですが、先日結婚を発表したDAIGOさん。
彼は筋金入りの育ちの良さですが、おっとりとしていてとても性格が良さそうです。
周囲を妬んだり、恨んだりとかそんな感情が一切なさそう。
やはり裕福に育って愛されてきたので、負の感情がない人なんだなと感じます。
あ、決して貧しく育った人は心も貧しいと言ってるのではなく、例え孤児として生まれ育った人でも、どこかで愛情を持った人と出会えば人って優しくなれるはずなんですよね。
周囲に意地悪したり、冷たく当たる人っていうのは自分がそう言う風にされてきたからだと思うのです。
私もたまに冷たいと言われるので、気を付けなくちゃ。

映画の話に戻りますが、子豚君が言うセリフで、字幕では訳されてなかったけど
"お父さんは、汚染から守るためにマスクは用意してくれたものの、人々から守ってくれるものを僕は持ってなかった。"というようなセリフが合って、そこでもまた涙が。。

短いアニメーションながらも、考えさせられる心に響く良質な作品です。
私はキツネ君のような人間になろうと心に誓うのでした。


[PR]
by tabbythecat | 2016-03-04 21:52 | 独り言
<< マネーショート うるう年 >>



猫と仕事と趣味のお話し