「ほっ」と。キャンペーン

ペットシッターブログ

マネーショート

少し前のブログで間違えて「マネーピット」って書いてた事に気付き、書き直しました。
「マネーショート」。
ブラッド・ピットとごちゃ混ぜになってたのかな(苦笑)
年と共にこういう凡ミスが増えてきて、嫌になっちゃいます。
「マネーピット」って、昔のトム・ハンクスの映画でしたね。

「マネーショート」観に行きましたが、面白かったですよー。
有楽町の日劇にて。
公開2週目なので、平日でもそこそこの入りでした。

内容は、金融業界の話なので知識がないとやはり難しいです。
私ときたら全くわからない世界なので、専門用語がポンポン出てきて、若干置いていかれる感が‥
サブプライムローン位は少しわかりますが、その仕組みすらわからないと、この映画理解するの困難かも。

私は数年前に母からちらっと聞いた程度の知識でしたが、それでも映画自体は楽しめました。
知れば知るほどえげつないというか、ひどい世界ですよね〜。
結局一番被害に合うのは、下の方の人達ですもの。

で、今作は助演男優賞にノミネートされたクリスチャン・ベール。
彼、主演じゃないんですね。
初めに出てきた時、目の焦点合ってない?と思ったんですが、義眼の役でした。
コンタクトか何かつけてたのかと思いましたが、普通に演じ切ったようですね。
さすが、彼は役作り徹底しますからね。すごいとしか言いようがない。

前半はクリスチャンが主に出てるんですが、途中からライアン・ゴズリング⇒スティーブ・カレルとなります。ブラピは出番少なめ。
しかしこれ、主演は誰なんでしょ。
クリスチャンが助演ってことは、スティーブ・カレルか?
コメディアンから最近はシリアスな役が多くなって、幅広げましたねー。
彼らしいというか、劇中ずっと不機嫌な顔で怒ってる役でした。
でもこの映画、スティーブとブラピの役が一番まともな考え持ってる人なのね。
儲ける分、損失を被ったり、大量に失業する罪のない人が沢山出るって忠告をしたり、その事で頭抱えて悩んだりとある意味正常。

ライアンはやはりというか、髪型が微妙‥
「アメリカン・ハッスル」の時のブラッドリー・クーパーみたいな感じでした。
人って8割位髪型だと言うので、今回の彼はあまり魅力的でないのよね。。
やはりライアンは、サラサラで前髪ハラリが一番素敵。
一方ブラピは、髪型云々よりも、もはや宮崎駿化してました。

劇中で終始画面に向かって話しかけるシーンがあったり、著名人が出てきて金融用語の説明したりとコミカルでテンポがいいので、見てて楽しかったです。
それと、2007年あたりの話なので、電話が皆NOKIAかBlackberryなのね。
今だとiPhoneなんだろうけど。私は今だBlackberry信者ですけど。

ある程度金融に詳しくて下調べ出来る人だったら見て面白いと思うし、損はないとおもいます。私でも楽しめたし。

この時期は、アカデミー関連の作品が目白押しなので、見たいのが沢山。
「ROOM」と「スポットライト」は見に行きたいと思ってます。
「ヘイトフル8」は行けるかな〜。168分もあって長丁場ですね。
タランティーノなので、飽きないとは思うけど。


[PR]
by tabbythecat | 2016-03-09 16:46 | 映画
<< チップさん動物病院へ行く ダム・キーパー >>



猫と仕事と趣味のお話し