ペットシッターブログ

わさびちゃんちの事

前にブログに書いた事のある「わさび」ちゃん。
メディアでも紹介していたのでご存知の方も多いですかね。
わさびちゃんが亡くなった後に本も出版されましたが、その時に少し違和感を感じてしまったと書いた記憶があります。
こんな風に考えてた自分がとても恥ずかしくて、嫌な人間だと反省しております。

今現在、わさびちゃんのお父さん、お母さんは捨て猫の保護活動を行っており、その中の何匹かは引き取って飼ってらっしゃいます。
お家には常に保護した子猫がやってきて、里親さんを見つけるまでご夫婦でミルクをあげたりお世話をしてるそうです。
そして本の印税はほとんどを動物の保護活動のための寄付をされてます。

保護した子猫の病院代やその他の費用、親猫の不妊手術など色々な費用がかかりますからそこまでされなくてもとは思います。
ですが、ご夫妻は全てはわさびちゃんが残してくれたものだからという事で寄付をされているのだとか。
わさびちゃんがまだ生きていた時も飼い主さんに対する批判を見ました。
結局そういった人たちって、弱い犬ほどよく吠える状態で、自分では何も出来ない無力な人間なんだなあと。
私自身もご夫妻がやってらっしゃる活動の一つも自分では出来ない、非力な人間なんだと反省。
わさびちゃんと出会わなかったらここまでの活動はされていなかったのではと考えると、死は決して無駄ではない、その後幸せになった猫たちが沢山いるのだから。
a0312665_17163272.jpg

a0312665_17173624.jpg

私は1匹だけしか救えていない現状です。。。


叶姉妹の言葉に共感出来る今日この頃。
私も私の周囲も結構好きです、叶さん。
言葉づかいが上品だし、某紀香さんのように失言もなく、言葉が深いから。
恭子さんの名言をひとつ。

「あなたのためを思って」と言う人に対しては、まず、

「自分のために生きてください」と、言葉を返していきましょう。


これ、そうなんですよね。その通り。
何か人に助言したくてたまらない人って、自分が日々幸せでなくて不安を抱えているのではないかと感じます。
自分でどうすることも出来ない想いを人に説教する事で発散しているのでは?と。

それとこれ。

すべての人が求めているかのような、「恋愛」ですが、
本当は、誰もがしなければならないもの、ではありません。

その人にとって興味がなければ、一生しなくても、
まったくかまわないのです。


前から思っていた。まるで宗教のようにそんなことばっかり話してる、聞いてくる人にうんざり。
人として人が好きではいけないのだろうか…
まあ私が年だからかもしれませんが(笑)恋愛話ばかりしている人ってものすごく浅い人間にしか見えなくて。
恭子さんの言葉は私が言いたかった事を代弁するかのように言ってくれる。

そして女性として美を追求するのは素敵だと思います。
私がお洒落したり綺麗になりたいのは誰かの為でなく、全て自分の為ですから。
最近めっきり老けてきましたけど(苦笑)
[PR]
by tabbythecat | 2016-06-26 17:44 | 独り言
<< 海の日 わたしに会うまでの1600キロ >>



猫と仕事と趣味のお話し