ペットシッターブログ

ラ・ラ・ランド(ネタバレあり)

3月1日、本日映画の日。
東武練馬のイオンシネマにて「ラ・ラ・ランド」を見てきました。

先日のアカデミー賞では前代未聞のハプニングで作品賞間違えるなんて事がありましたが、主演女優賞や監督賞など堂々6部門受賞の本作。
ライアン・ゴズリング好きだし、エマ・ストーンも可愛いので好き。
期待通りの映画でした!!

楽しくて可愛くて、大好きです。こういう作品。
まず映画全体がカラフルで色彩が綺麗。
ミュージカルに抵抗ある人もいるかもしれないけど、私も別に好きではないし、ジャズにも興味ありません。
それでも、冒頭から心掴まれたし、何より主演の2人が素晴らしかった!!

特にエマ・ストーン。
前から可愛い子とは思ってたけど、今回は彼女の魅力が詰まってて、どのシーンも輝いてた。
透き通るような白い肌なので、原色のドレスがどれも似合ってて素敵でした。
特に、ルーム・シェアしてる女性たちとパーティーに繰り出すシーンで、真っ青なドレスを着てスカートヒラヒラさせながら踊るシーンが可愛すぎて・・・これ↓
a0312665_21014886.jpg
当初、主役にはマイルズ・テラーとエマ・ワトソンがオファーされたそうですが、2人とも高額のギャラを要求したようで、結局ライアンとエマ違いでストーンの方に落ち着いたのだとか。
正直、マイルズとワトソンだったらこんなにいい映画にならなかった気がします。
私がライアン好きだし、同じエマだったらストーンの方が魅力的だったというのもあるけど。
整った美人顔なのはワトソンの方ですが、今度美女と野獣も公開されるし。
ストーンの方はファニーフェイスの類で、ちょっとカエル顔だし、顔の全てのパーツが大きい。
でもそれが魅力的で、思い切り歌ったり笑ったりしてる姿がすごくキュートなんです。
まあ、そうは言ってもそこら辺歩いてたら「すごい美人がいたー。」って見とれちゃう位綺麗なんでしょうけど。

ライアンはピアノを猛特訓したそうで、劇中は全て自分で弾いていたそうです。
この人は多才で何でもできるし、性格も抜群にいいと評判ですから。
モテモテだろうけど、女性にも一途ですし。

エマとライアンは今回で共演3度目。
エマが最初に出演が決まってて、ライアンは相手がエマならという事でOKしたとか。
共演者として信頼し合っているんでしょうね。
2人ともパートナーはいるから(エマは今フリーかな?)兄妹のような感じで仲が良いのかなと思います。

劇中で流れる音楽もいいし、この監督の映画って変にラブ・シーンとか出てこないから安心して見れます。
2人が映画見てる時に、手を繋ぎ合うのがすごく可愛らしかった。
後、ミアが女優を目指してカフェでアルバイトしてるって役なんですが、iPhoneの画面がバリバリに割れているのも細かいなって思いました。

ここからネタバレします。
2人は別れてそれぞれの道を歩み、ミアは別の人と結婚して子供もいるのですが、ラストで2人が2度目に出会ったシーンに戻り、いきなりキスをします。
そのシーンがもう胸がキューンとなって、ニッコリしてしまいました。
もしこうだったら、という2人が結ばれてるはずだった人生が早送りで再生されるんですが、出来ればそれで終わって欲しかった・・・・
最後は、現実に戻ってミアがお店を出ていく時に2人で顔を見合わせて笑って終了。
映画なんだし、夢みたいなハッピーエンドにして欲しかったけれど、それだと夢見すぎかな??
実際は、2人はそれぞれ成功するけれど、その為に別れるという結果に至ってしまったのね。
すごくハッピーな映画ですが、ハッピーエンドではないんですよね。
悲恋なのよね😢

ラストのシーンに不満はあったものの、主役の2人は魅力的だし、とても素敵な映画でした。
今の所、今年ナンバー1です。


[PR]
by tabbythecat | 2017-03-01 21:46 | 映画
<< HPリニューアル ナイスガイズ! >>



猫と仕事と趣味のお話し