ペットシッターブログ

肛門腺破裂

2年前に肛門嚢炎になった我が家のタビー氏。
a0312665_23001727.jpg
今度は肛門腺破裂してしまいました。(別名:尻爆発)
遡って、先週の水曜日。
いつもより食欲が落ちていて、缶詰も半分位しか食べませんでした。
四六時中ご飯~とねだる事もなく、大人しくほとんど寝ていました。

気温が上がってきたから?
タビーももうシニアだし、食が細くなったかな?
もしや、具合が悪いのか?
a0312665_23021301.jpg

翌日の木曜日。
食欲は戻って、元気いっぱいでした。
夕方、タビーのお尻を見てみると、赤くただれている・・・・
これが噂の肛門腺破裂か。
とはいえ、破裂するとすっきりするのでしょうか。
食欲落ちてたのも肛門腺が炎症起こしてたからかなあ。全く気付かなくて。

翌金曜日。動物病院へ。
生理食塩水で中を洗浄してもらい、抗生剤の注射を打ってもらいました。
お尻をいじられてタビーは勿論、怒りのデスロード。
看護師さん、しっかりタオルでホールドしてくれて本当にすごい。
毎度、感心します。華奢な体で扱いに慣れてらして、私の娘位の年齢だと思うけど。

そして、日曜日に再び病院へ。
経過は良好で、膿はもう出きっているとの事です。
すぐ塞がるでしょうと。
塗り薬をもらって、また3日後に来て下さいとの事。

タビーの様子は良好で、破裂した部分もかさぶたになりつつあります。
多分あと1回の通院で終了しそうです。

再発繰り返すとは聞いていたものの、やはり。。。
今回も右側でした。お尻の辺りって見えづらいからか、見落としてしまうんですよね。
普段から絞ってあげたほうがいいのですが、やはり触られるのを嫌がるので難しいですね。
そうやって甘やかしてしまうのがいけないのですが・・・
ともあれ、大事に至らなくて良かったです。

a0312665_23031013.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2017-05-22 23:03 |
<< スプリット 剣閣 >>



猫と仕事と趣味のお話し