ペットシッターブログ

スプリット

M・ナイト・シャマラン監督の最新作「スプリット」を見てきました。
東宝シネマズシャンテにて。

ネタバレしないように感想を書きますが、シャマラン監督お得意のラストのどんでん返しは直接ストーリーにはありません。
シャマランの映画をよく見てる人であれば楽しめるラストにはなってます。
あまり見た事ない人、そもそもシャマランって誰?レベルの人には全く意味不明かと思います。
実は私、トイレに行きたくてエンドロール中に席を立ってしまったんですが、後に映像あったそうで。。。涙
文字のみの告知映像だったらしいんですが、これから見に行く人はエンドロールまでしっかり御覧下さい。

前作の「ヴィジット」同様、今作もそこそこ楽しめる内容ではありました。
思えばシャマランの映画って、すごく面白いものととんでもない駄作と感じるものと両極端な内容が多かったんですが、最近の作品は無難に楽しめる映画になってますね。
とはいえ、シャマラニストと呼ばれるファンの方は見る視点が違うようで、「サイン」や「ハプニング」も絶賛してる人も多いんですよね。私は非常につまらなかったんですが。

「スプリット」は何といっても見所はジェームズ・マカヴォイ!!
アンジェリーナ・ジョリーと共演した映画が印象にあるけれど、あの時はすごく素敵なイケメンで目がハートになってました。
今回のマカヴォイさんは、スキンヘッドで多重人格者という事でかなりの芸達者ぶりを見せてくれてます。
全編、マカヴォイ劇場と化してました。
特に、9歳のヘドウィックになっている時に披露するダンスシーンは最大の見せ場でしょうか。
何なんだ、あの動き・・・・と呆気にとられてしまいました。
マカヴォイさんを見てるだけでも結構楽しかったです。

2時間近くあるので、途中でちょっと中だるみする部分もあるのですが、そういう点では前作「ヴィジット」のが面白かったかも。
続編を思わせるラストなので、今後が非常に楽しみです。
なんだろ、シャマラン。マーベル作品みたいにしていきたいのかなあ。
色々言われてますが、私はこの監督結構好きです。


映画後は先月オープンしたGINZA SIXに行ってきましたが、高級店ばかりで私が見るようなお店はなかったです。
お客さんの層も、外国人と高齢な方(私含め)が多かったです。
若い人はほとんど見なかったなあ・・・
カフェとかもTVで紹介してたクレープだのオープンサンドだのがあるんですが、ドリンクと注文すると2000円位になるようなものばかり。
お洒落な雰囲気を楽しむものだけれど、オープンサンドってただのトーストに具をのせただけで家で作れそうなものにあの値段は・・・・と貧乏根性丸出しになってしまった。
まあ、お金持ってる方には楽しい場所かと思います。
銀座自体がそもそもは高級感を楽しむ街ではあるのですが。


[PR]
by tabbythecat | 2017-05-25 23:07 | 映画
<< 迎賓館 肛門腺破裂 >>



猫と仕事と趣味のお話し