ペットシッターブログ

タビー完治

朝、シッターでワンコのお散歩をしていると普段見えない景色や光景が色々見えてきます。
道端に咲いているお花や雑草が季節によって色々変わったり、温かくなると虫が地面を歩いていたり、アリが巣を作っていたり。

ふと見ると、まだ子猫かなと思われる黒猫がじーっとこちらを見てました。
「可愛いねえ。」と言いながら地面を見ると私とワンコさんのすぐそばに、黒いまだ1か月位の小さな小さな子猫が!!
あ、お母さんだったんだ。子猫が心配で見てたのね。
本当に小さくて可愛くて、触りたかったけれどお母さんに心配をかけちゃいけないと、すぐに退散しました。
その後、お母さんは無事に子猫をくわえて運んでました。ホッとした。

野良のお母さん猫は本当に偉いしすごいなあと感心します。
外で暮らすのはただでさえ過酷なのに、そんな中たった1匹で子育てするのですから。

犬と猫を両方飼っている人に話を聞くと、散歩中に子猫を見つけてそのまま飼う事になったという人がとても多いです。
普段歩いていて気づかない事も、ワンコと一緒に歩いていると色々な発見がありますね。
a0312665_20152685.jpg

我が家のタビーですが、肛門腺はすっかり綺麗になり完治しました。
肛門腺絞った方がいいかと獣医さんに尋ねると、
「猫はなかなか難しいです。必要ないでしょう。炎症起こしてる所を触ると余計悪化しますし。」との事。

ふと3月に吐血した?と大騒ぎした時の事を振り返ってみて。。。
もしや吐血でなはく、肛門腺の方だったのでないだろうか。
いや、でもあの時はお尻もチェックしたけど、全く問題なかったし。
とは言っても、口から血が出てたとかもなかったんですよね。

しかも血液のニオイしかしなかったし、肛門腺からだとするとかなり臭いはずだし。
破裂した際も膿は全部出きってます、と獣医さんにも言われたのですが、その膿らしきものもどこにも見当たらず。。。
破裂した割に分泌液や膿は全く見てなくて、本当に不思議で。。。
a0312665_20193121.jpg

思ったのが、もしかして私がニオイに気づいてないだけなのではなかろうか。
溺愛しすぎて、臭いと感じなくなっているのではないか。
自分ちの子のニオイは他人には不快でも、飼い主は全く感じないし、私の鼻も感化されておかしくなっているのかも。
かろうじて、排泄物は臭いと感じているのですが。
人間のニオイには敏感になりますが、動物のニオイは不快でないし、つい鈍感になってしまいます。

まあとりあえず、タビーはとても元気です。
a0312665_20210133.jpg


[PR]
by tabbythecat | 2017-05-31 20:21 |
<< マンチェスター・バイ・ザ・シー 迎賓館 >>



猫と仕事と趣味のお話し