ペットシッターブログ

カテゴリ:映画( 54 )

DVD三昧

ようやく暖かくなってきました。
過ごしやすくなってきたとはいえ、花粉症には辛い時期です。
先週から1週間、割と症状は出なかったんですが、今日は酷かった。
そこで、花粉に効くツボ押しを再度やってみたけれど、やはり効果は感じられず・・・
薬飲んだら治まりました。
ダメか、やはり。

そんなわけで引きこもりがちな今日この頃。
DVDをやたらと見てました。
先月のベガス旅行の際、飛行機の中で未見の映画計6本見たけど、ヒッキーなこの頃は家でひたすら映画に限る!
まあ、だいぶ買い物で散財してしまったんで、金欠な事もあるのですが。

感想いくつか。
まず「モールス」が意外と面白かった。
ホラー?程度の認識しかなかったんだけど、なかなかの出来でした。
クロエ・グレース・モレッツちゃんだっけ?あの子がヴァンパイアの役なんだけど、切ない感じが良かった。
後で知ったんですが、リメイクなんですね、この映画。
オリジナルを探したんですが、家の近辺のお店にはなかった・・・
やはり後から解説を見ないと、理解してなかった点がちらほらありました。

そして、ナタリー・ポートマンが好きじゃないので、敬遠してた「ブラック・スワン」
どうもナタリーの演技がしゃくにさわるんですよねえ・・・
ナタリーとキーラ・ナイトレイの演技。なんか嫌いなんです(苦笑)
お顔は確かに整った美人さんなんだけど。

ナタリーがアカデミー賞もとったそうだけど、今をときめくミラ・クニスが出てたんで見てみました。
やっぱり、ミラ・クニスのが魅力的だった~。
エキゾチックな美人顔で、セクシーな彼女。ちょっとエマ・ストーンにも似てるなって思ったんですが、こういう顔流行りなのかな。
経歴見てみたら、ウクライナ出身なんですね、彼女。どおりで美女なわけだ。

肝心の映画ですが、評判はとても良かったようだけど、まずまずな出来ですかね。
悪くないんだけど、ミラ意外のキャストに魅力が感じられず・・・
ストーリーはなんか前にもあったなこんな話しって感じだったけど。
どうもナタリーが主演だからか意地悪な目で見てしまって。

で、今日見たのが「白雪姫と鏡の女王」
単純に白雪姫の話しなだけなんだけど、面白かったです。
意地悪な女王役のジュリア・ロバーツがまさに地でやってました。
本当にこんな性格なんだろうな~と思わずにいられない。
いやあ、昔は可愛くて好きだったんですけどね。
やはり、白雪姫の若いリリー・コリンズが若くて可愛かったので、比較すると、ね。
初め出てきた時、なんて眉毛の太い娘なんだと思いましたが、見てるうちに眉毛にも慣れ、とてもチャーミングに見えました。
フィル・コリンズの娘なんですね。

で、エンドクレジットで、歌ってるんですが、何故かインド映画っぽい歌いっぷりで不思議に思ったら監督がインドの方でした。

そんな感じで、暇を潰しているこの頃です。
[PR]
by tabbythecat | 2014-03-16 21:27 | 映画

アメリカンハッスル

今日は極寒でした。寒いだけならまだしも、風が吹くと増して冷えますね。

さて、本日「アメリカンハッスル」を鑑賞。
感想は・・・・つまらなくはないです。
決してつまらなくはないのですが、途中で睡魔が襲ってきて、必死に起きてました。

a0312665_23473399.jpg


サスペンスドラマかと思いきや、割とコミカルで笑えるシーンも多く。
とにかく台詞が多くて、尚且人の名前がポンポン出てくるんだけど、誰の事か段々わからなくなってくる・・・
ストーリーは、どっかで見た事あるような詐欺師ものですが、それほど派手さもなく、淡々と物語が進んでいきます。
今公開中の作品では、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が同じようなテイストみたいですが、こっちのがエンターテイメント性が高そうだし、面白いかも。見てませんが。
ただこれ、R18なんですね~。何でだろと思ったらボカシばんばん入るし、ドラッグ・パーティーとかなりご機嫌な映画みたいで。
その時点で見に行く気ないかなー。DVD出たら見たいけど。

で、「アメリカンハッスル」の話しに戻りますが、この作品はとにかく、俳優陣の演技を見るに限る!ですね。
だって、主演者4人オスカーノミネートですよ!
まず、主演のクリスチャン・ベールは、役作りする俳優で有名ですが、今回髪の毛抜いたそうで、ハゲ散らかしてデブってます。
そのデブってるのが、てっきり特殊メイクかなにかと思ったら、太ったそうですね。
あのお腹、本物だったんだ・・・・
バットマンの彼と同一人物とはとても思えません。
知らない人が見たら、ハゲでデブったオッサンだと思うでしょうね~。

私が、お目当てのブラッドリーは何故かパンチパーマです。
ロット巻いてるシーンがやたら出てきて、笑えます。
ソファの上ではしゃぎながら、上司のモノマネするシーンはかなり笑えました。

俳優陣よりも、女優陣の方が今回は光ってた気がします。
まず、エイミー・アダムス。彼女どの映画見てもいいですね~。
10年後のアヴリルって感じ。
鼻がツーンと高くて、羨ましい。洋画見てると、皆さん鼻が高くて、いいな~といつも思ってしまう。
エイミーさん、終始露出度の高い服を着てて、胸が半分出てるんだよね。。。
70年代を舞台にした映画だけど、その頃ってこんな服装だったのだろうか・・・
筋肉の付き方がすごくて、さすが鍛えてるんだな~と感心しました。

そして、ジェニファー・ローレンス。ブラッドリーとは「世界にひとつのプレイブック」以来、2度目の共演。
この子はまだ若いのに、とにかく貫禄がすごい。
さすがに、アップで見る30代後半のエイミーと比べて、お肌ツルツルで若さが目立つけど、23歳とは思えない風貌ですね。
でもって、上手い!!さすがオスカー女優。

後、カメオ主演でロバート・デ・ニーロも出てます。
こちらも、ベールに負けじと、ハゲ散らかして(抜いたんだねえ)ます。

監督がディビッド・O・ラッセルですが、前作の「世界にひとつのプレイブック」の方が私は好きでした。
今作も何度も言いますが、つまらなくはないのですが、アメリカ人向きの映画かも。
セリフの多さとかが、ネイティブの人じゃないと、理解するのに苦しい感じが。
無名の役者が出ていたら、全く受け入れられなかったかもしれない点では、役者を見る映画ですね。
それ位、皆良かった。


話しは変わって実家のチップさんですが、尿検査の結果、タンパク出てないし、細菌も見られず、良くなりました~。
まだ一応薬は飲ませてますが、念のためもう一度尿検査をしてもらおうと思います。
頻尿もないし、フードを変更する事も今回はなし。
結石はとりあえず大丈夫そうです。
母が結果を聞きに行ったので、はっきりわからないのですが、細菌性だったのかなあ。。。
この時期、膀胱炎になる子多いですね。
しばらく落ち着かない日が続いたので、安心しました。
[PR]
by tabbythecat | 2014-02-05 23:24 | 映画

DVD購入

買っちゃいました~。
a0312665_2313432.jpg

a0312665_23141750.jpg

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」去年見た中で一番良かった映画です。

2時間20分と長尺だけど、やっぱいい映画だ~。
中盤ラストになってくると、前半のハンサム・ルークことライアンが出てたパートが懐かしく感じる位、めまぐるしい展開で。
3部構成になってるので、1本で3本分位見た気になる作品です。

豪華キャストで内容も良いのに全く話題になってなかったけど・・・
まあ、万人ウケするよな感じではないし、作品自体は地味ですから。
でも、出演はなんともゴージャスですが。
映画を見た時は前半のライアンの素敵っぷりに惚れ惚れしてしまったけれど、DVDで再見して、ブラッドリーの良さを改めて実感しました。

15年後のブラッドリーがエヴァ・メンデスに比べて変わらなさすぎっていう意見もあるけど、ファンから見ると十分変わってるんだけどな~。
はじめに出てきた時は、なんともお肌ツルツルで若作りしたなーって思ったし。
後半はいつもの渋めなブラッドリーになってたし。

で、ライアンとブラッドリーの主演作品が、今月立て続けに公開されるんです!!
アカデミーにもノミネートされてるブラッドリーの「アメリカン・ハッスル」
これはクリスチャン・ベールも出てるし、とても面白そう。
上映数も多いし、見に行く予定です。

一方、ライアンの「オンリーブラッド」は、上映してる映画館が少なすぎて微妙・・・
内容、はライアンがなんともかっこよさそうなんだけど。
クールな感じで、「ドライヴ」や「プレイス~」の彼っぽいな~。
見に行けたらって感じですかね・・・

は~、とにかく「プレイス~」は再見して2度目も堪能致しました。
ラストで息子がバイクで疾走していくシーンが、頑張れよ・・って思わずにいられない。
息子役の子が出てる「クロニクル」もDVD出たようなので、見たいな~。

話はガラッと変わって、チップのその後ですが、薬を飲ませて翌日あたりから下痢がひどく008.gif
可哀想に、後ろ足やお腹にまで付いてしまってました。
抗生物質だから、悪玉菌だけでなく善玉菌も殺してしまうからですかね。
病院でビオフェルミンを貰って一緒に飲ませる事にしました。
ビオフェルミンって結構飲ませてる飼い主さんいるんですよね。
まあ、薬ではないので、その子の体重にあった量をきちんと飲ませれば、お腹弱い子にはいいと思います。

とにかくチップ、早く良くなって、薬いらずののんびり生活になりますように。
[PR]
by tabbythecat | 2014-01-29 23:30 | 映画

LAギャングストーリー感想

インフルエンザが猛威を奮っております。
手洗い・うがいをきちんと心がけましょう。
私もちょっと風邪気味だったのですが、睡眠充分に取ったり、筋トレしてたら良くなりました。

さて、本日は成人の日。
かれこれ私も2度目の成人式です(笑)
まあそれはどうでもいいですが・・・

久々に映画の感想など。
DVDで、「LAギャングストーリー」を鑑賞。
目当ては勿論、ライアン・ゴズリング!!
久々のライアン。ああライアン016.gif

映画は大抵、好きな俳優が出てるか否かで見てます。
昔ほど、見る回数がほんと減ったけど、最近は選んで見るようにはしています。
好きな人が出てて、尚且内容が良かったら最高の出来という具合に。

で、肝心の内容でしたが、なんかこれ、「アンタッチャブル」に酷似してるんですよね~。
一瞬、リメイクかな?と思った程。
私の好きな映画の一つが」アンタッチャブル」なもんで、比較するとちょっとパロディっぽいと思ったんだけど。
でも、舞台はLAだし、やはり別モンみたいです。

普通にアクションギャング映画として見れば楽しめます。
最初から最後まで、銃ぶっぱなし。すぐ人が死ぬ。など、粗い点が見えますが。
それと、他所のレビュー読んでて同感だったのが、ショーン・ペンの演技が、やりすぎ感があるのね。
なんだかすごい気合入ってて、「演技うまいっしょ、俺」的な。
若干見てて、引いたんだけど。
やはりそこで比較して見ちゃうのが「アンタッチャブル」でのロバート・デ・ニーロの上手さ。
中学生の時に見て、デ・ニーロを初見だった私は、この人はてっきり太ってるんだと思ってたし。

後、とどうしても「アンタッチャブル」と比べて見てしまうけれど、「LAギャングストーリー」は恋愛要素も入ってて、そこが前者と比べると薄っぺらいのよね。
「アンタッチャブル」は前編男くさい、恋愛エピソードゼロな男の映画だったのに、LAがはいってる時点で軽ノリなんだろうか・・・

で、目当てのライアンですが、カッコよかった~。
今回は、近頃よく見た無口で寡黙なクールキャラでなく、クールだけど、割とよく喋るいい男でした。
警官の役だけど、着こなしが素敵だし、前編見惚れてしまうセクシー&かっこよさ。
と、ミーハーな感じで書いてますけど、ライアンは見た目だけじゃなく、演技もしっかり出来る役者さんですから。

まあこの映画、ライアン見るだけでも楽しかったし、アクションとしては飽きさせないで見れる映画です。
気になったのは、所々でスローモーションの映像になる点。
何の意味があるんだろうか。あれよくわからないです。
「ドライヴ」の時のキスシーンがスローモーションになったのは、背筋がゾクゾクしましたけど。
意味のないスローモーション映像は、見てても??でした。


新しいデジカメで撮ったタビー君。
a0312665_1054897.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2014-01-13 10:55 | 映画



猫と仕事と趣味のお話し