ペットシッターブログ

カテゴリ:独り言( 75 )

Blackberry自社開発終了のニュース

予想はしてたけど、このニュース

BlackBerryが端末の自社開発を終了

まあ単純に今後は外部に委託していくという方向で、なくなるわけではないですが、やはり厳しかったのかなあ。PRIVが全然売れてなかったみたいだし。
とは言っても今後日本で入手出来るのでしょうか。
ユーザー数の多いインドネシアの会社に委託するようですけど、限られてくような気もするし。

一時期のBlackberryは今のiphoneくらいの勢いがあって、欧米のビジネスマンは皆持ってるし、映画やドラマも皆Blackberryだったんですよね。
しかし日本ではやはりキーボードが浸透しなかったのと、日本語だとフリック入力のが便利だから需要がなかったんでしょうね。
 
んー、今後どうするかな。とりあえず今のPassportは1年使って特に不具合なし。
修理に出す事もないし、誰に聞かなくても自力で全て解決してきました。
あと1年は使えるだろうから変えるつもりもないですが。
次と噂されてたmercuryがどうなってしまうのか。
リーク画像見るとかなり私好みの外観でして。。。

BLackberry OSはもう絶望的みたいですが、Androidでも問題ないと思うんですよねー。
そっちの方が便利だと思いますし、私自身も特にOSにこだわってません。
とにかく見た目がBlackberryであれば良いので。
皆と同じ長方形のスマホが嫌ってだけで(笑)
ただmercuryも長方形っぽいですが、キーボードついてれば良いのです。
単に人と同じが嫌なので。
しかし新端末が出なかったら、皆と一緒にならざるを得ないのかも。
嫌だわあ、おそろって。偏屈な人間なので、人に合わせられないのです(笑)
[PR]
by tabbythecat | 2016-10-02 20:56 | 独り言

レイングッズ

今年はやはり猛暑日が少ないですね。西日本はかなり暑いみたいですが。
最近はいきなりの豪雨が多くて、外に出るのも気が抜けないです。
今年は台風来てないですねーなんて、お盆前に飼い主様とお話ししてたのですが、過ぎたら3つもやってきました。
しかし、一番忙しいお盆に台風も来なくて、さほど猛暑でもなく私としてはとても助かりました。
今年は山の日が出来たから依頼も例年より多かったのですが、自分なりに頑張りました!
そして、繁忙期はいつもきちんとこなせるか、体調悪くならないかなど不安でいっぱいですが、無事終了すると毎回ホッとすると同時に楽しかったーという感情で溢れます。
飼い主様に感謝していただいて、ペットさんたちもいつも通りリラックスしている様子を見ると、本当に仕事をしてて良かったなと思います。

仕事=大変、辛いもの、嫌なものという図式が出来てる方が多いのかな。
暑くて大変、雨降ったら大変、なんか大変ねえと言われると、私好きで仕事やってて楽しいんだけどなといつも思ってしまう。
まあ、大変と思う事もありますけどね。一人で仕事やってると。
私は仕事好きですから。なんだかんだ言っても。

豪雨が多い今日この頃。
雨降りの日には野鳥の会のレインブーツを履いていたのですが、最近どうも中の靴下が染みている・・・
かなり蒸れるんですが、どうも左足は水が染み込んでるとしか思えない事態でして。
よくよく見たら、甲の部分が切れてました。そこから水が染み込んでた模様。
もう3年も履いたし、そろそろ替え時かなあと思いましたが、やはり野鳥の会のブーツをリピしようと思いまして。
1年位前に店頭で赤のレインブーツを見かけたんです。それがすごく可愛くて。
その時は、まだメジロ色のがあったからいいかなと思ってて買わなかったんですが、大後悔・・・
限定発売だったようで、どこ探しても売り切れでした。
同じく限定発売のネイビーもいいなと思ったんですが、やはり売り切れ。
仕方ないので、グリーンにしました。
カモフラ柄も良かったんですが、服装と合うかどうか微妙だし、グリーンもキレイだったので。
a0312665_23162799.jpg

一緒に写ってる折り畳みは同時に買ったTOTESのもの。こちらはカモフラにしました。
こちらも以前から持っていたものが撥水効果がなくなってきて、骨部分が1本折れてしまっていたので、新しいものが欲しくて購入。
前のはカバーがなかったんですが(安価で買ったため)今回はちゃんとついてます。
そして、開閉自動でかなりしっかりしてる。ヘビロテしそうです。

[PR]
by tabbythecat | 2016-08-24 23:13 | 独り言

花火大会2016

いやー、本格的に暑くなってきましたね。
人が忙しい時期に嫌がらせのように‥‥

そんな中、今年もいたばし花火大会に行ってきました。
久々に土手まで。
ここの所、友人の実家のマンション屋上にお邪魔してたんですが、今年は妹ちゃんがご出産したばかりでバタバタしていたので私らは土手へ。
a0312665_13141098.jpg

a0312665_13143550.jpg

新高島平の方から行ったので、人もさほど多くないし、よく見れました。
去年より内容良かった気がします。
a0312665_13164482.jpg
a0312665_13162250.jpg

土手もこういう時じゃないと来ないですし。
昔からいる方ならご存知かなあ。その昔、新高島平の駅から土手まで行く道の途中に養豚場があったんですよ。
いつも通る時すごい臭いで、それがいつの間にかなくなってたけど。
時代は変わるものですね。
a0312665_13212482.jpg
a0312665_1321570.jpg

明日は山の日、そしてお盆と忙しくなるので花火も見た事だしちょっと頑張っちゃいます。
a0312665_13232524.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2016-08-10 13:23 | 独り言

わさびちゃんちの事

前にブログに書いた事のある「わさび」ちゃん。
メディアでも紹介していたのでご存知の方も多いですかね。
わさびちゃんが亡くなった後に本も出版されましたが、その時に少し違和感を感じてしまったと書いた記憶があります。
こんな風に考えてた自分がとても恥ずかしくて、嫌な人間だと反省しております。

今現在、わさびちゃんのお父さん、お母さんは捨て猫の保護活動を行っており、その中の何匹かは引き取って飼ってらっしゃいます。
お家には常に保護した子猫がやってきて、里親さんを見つけるまでご夫婦でミルクをあげたりお世話をしてるそうです。
そして本の印税はほとんどを動物の保護活動のための寄付をされてます。

保護した子猫の病院代やその他の費用、親猫の不妊手術など色々な費用がかかりますからそこまでされなくてもとは思います。
ですが、ご夫妻は全てはわさびちゃんが残してくれたものだからという事で寄付をされているのだとか。
わさびちゃんがまだ生きていた時も飼い主さんに対する批判を見ました。
結局そういった人たちって、弱い犬ほどよく吠える状態で、自分では何も出来ない無力な人間なんだなあと。
私自身もご夫妻がやってらっしゃる活動の一つも自分では出来ない、非力な人間なんだと反省。
わさびちゃんと出会わなかったらここまでの活動はされていなかったのではと考えると、死は決して無駄ではない、その後幸せになった猫たちが沢山いるのだから。
a0312665_17163272.jpg

a0312665_17173624.jpg

私は1匹だけしか救えていない現状です。。。


叶姉妹の言葉に共感出来る今日この頃。
私も私の周囲も結構好きです、叶さん。
言葉づかいが上品だし、某紀香さんのように失言もなく、言葉が深いから。
恭子さんの名言をひとつ。

「あなたのためを思って」と言う人に対しては、まず、

「自分のために生きてください」と、言葉を返していきましょう。


これ、そうなんですよね。その通り。
何か人に助言したくてたまらない人って、自分が日々幸せでなくて不安を抱えているのではないかと感じます。
自分でどうすることも出来ない想いを人に説教する事で発散しているのでは?と。

それとこれ。

すべての人が求めているかのような、「恋愛」ですが、
本当は、誰もがしなければならないもの、ではありません。

その人にとって興味がなければ、一生しなくても、
まったくかまわないのです。


前から思っていた。まるで宗教のようにそんなことばっかり話してる、聞いてくる人にうんざり。
人として人が好きではいけないのだろうか…
まあ私が年だからかもしれませんが(笑)恋愛話ばかりしている人ってものすごく浅い人間にしか見えなくて。
恭子さんの言葉は私が言いたかった事を代弁するかのように言ってくれる。

そして女性として美を追求するのは素敵だと思います。
私がお洒落したり綺麗になりたいのは誰かの為でなく、全て自分の為ですから。
最近めっきり老けてきましたけど(苦笑)
[PR]
by tabbythecat | 2016-06-26 17:44 | 独り言

江戸川橋

「シビルウォー」を見に行こうかと思ってたのですが、なんとなく墓参りに行かなくてはいけない気がして江戸川橋に来ました。
7月のお盆に行けないかもしれないので、今月の内にと。
来週かな、映画は。

ヒーロー大集合より悪役大集合の「スーサイド・スクワッド」のが見たいんですよねえ。
断然面白そうじゃないですか?
マーベル作品好きなら楽しいんでしょうけど、私の目的「アントマン」のポール・ラッドのみですし。
しかもポールが抜擢されたのって、アベンジャーズに参戦するという事で、他の俳優と上手くやっていける人、人当たりのいい人って理由が見え見えだし。
役に合ってるって言うのが一番だけど、2の主役がワスプになるってのがもうね、次はチョイ役なのかいって気がしてですね。
まあ、元々彼は日本では無名でも本国では有名ですから。

墓参りが終わって、珈琲館で一休み。
ゆっくり出来るんですけど、ここ喫煙コーナーがあり禁煙にいても煙草くさいんですよね。
今時カフェで喫煙出来るって珍しいからおじさんが来るんでしょうけど。

パンケーキを食べたんですが、お値段も安いからか味も‥期待してはいけないです。
しかもバターでなくマーガリンがついてました。
マーガリン断ちしてるのでなるべく摂取しないため、シロップとクリームでいただきました。

打って変わって、こないだ食べた「eggs'n things」のパンケーキ。
a0312665_13525662.jpg
1度入ってみたかったけど、とにかく量がすごくて甘々でした。
ビジュアルだけでテンション上がるんですが、これって一人で食べるものじゃないですね。。。
シェアして食べるのがいいのかも。
しかも友人と全く同じの頼んじゃいました。
クリームてんこ盛りが嬉しいけど、さすがにこれだけあると段々飽きて来て、帰りは頭痛がしてくる始末。
糖分取りすぎると体にくる年齢なのでしょうか。白砂糖はよくないとは言いますし。
白砂糖断ちすると、体の不調がなくなったと言う話も聞くし。

私もなるべく避けているのが、人工甘味料・マーガリン・甘い飲み物等。
まあ甘い飲み物は年齢的に飲みたくなくなってきているからなんですけど。
でもね、甘い物は止められないんですよねえ。

毎月調子が悪くなる時は甘味を摂取しすぎてる時ってわかってはいるものの。

a0312665_14053138.jpg
タビーは変わらず元気です。
歳とっても可愛いいままで君はいいねえ。羨ましいよ。
a0312665_14070291.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2016-06-01 14:07 | 独り言

新宿御苑

先日、生まれて初めて新宿御苑に行って来ました。
私、てっきり新宿御苑って新宿のビルやらのど真ん中にあるこじんまりした公園かと思ってましたが、とても広いんですね。
a0312665_22285206.jpg
40数年都民をやってても知らないものなんです。って私が、板橋の事しか知らないだけですけど。
薔薇が見頃でしたよ。
a0312665_22315178.jpg
a0312665_22334825.jpg
とてもお天気が良い1日で外での散歩は気持ちよかったんですが、帰ってから受難が…
おでこに発疹が出来てて真っ赤になってました。。。
紫外線アレルギーが、顔にまで発症。5月は紫外線多いですからね。

しかし2、3日前から目元に発疹が出来て痒いのでなんだろうと思ってたんです。
もう、顔晒して外歩けない‥
日傘デビューしようかと思いましたが、自転車乗ること考えて、帽子被る事にしました。
最近過剰にUVケアした老齢のご婦人いらっしゃいますが、あれ笑えないです。
中にはフェイスマスクして、サングラスかけて日傘差してって何者かと思う人もいますが、多分私と同じくアレルギーなんだと思う。
とにかく日が当たると痒くて真っ赤になるしで辛いんですよ。

私もその内、中東の女性並みに完全防備しないと外出れないかもしれません。
しかし近頃は顔を晒すのも嫌になってきたお年頃なので(笑)丁度良いかもしれない。
昔はUVケアなんて考えもしなかったけれど、段々肌も弱くなってきてケアしないと外にも出れない年齢になってきました。
皆さんもお気を付け下さい。


[PR]
by tabbythecat | 2016-05-18 22:53 | 独り言

地上波初

一昨日「アメージングスパイダーマン2」が地上波初で放送してましたね。
見ましたか?皆さん。
デイン・デハーン見ましたか?
お茶の間にデイン・デハーンですよ、皆さん!!

見るの2回目ですけど、この映画のデインは本当に綺麗でしたー。
エマ・ストーンが霞んじゃう程の綺麗さ。男子ですが。
映画の出来はいいとして、見所はやはりデインでした。

ところで、最近私が夢中な星野源。
見てなかったけど、ドラマ「コウノドリ」での産婦人科医役のビジュアルが、ドツボなんですが。
あの青い手術着といいあの眼鏡といい、いいじゃないですかあ♡
内診してもらいたいじゃないですかあ。
整形外科の先生にちょっと似てるんですよねえ・・・だから気になるんだけど(笑)
先生もいつも青い手術着を着てたので。会いたいなあ、先生に。
お元気かしら。
私は元気です。あ、誰も聞いてないか。

くだらない事言ってないでGW後半、頑張ります!!


[PR]
by tabbythecat | 2016-05-01 22:53 | 独り言

また葬儀

ゴールデンウイークに突入しました。
毎年、どうしたもんかゴールデンウイークの予約少なめなんです。。。
他のイベントの時はそこそこご依頼いただくんですが。
毎年関係のない人に聞かれても「まあ、普通です。」とだけ言っておくことにしました。
飼い主様ならともかく、全く仕事と関係のない人に一々聞かれると面倒なので。

訃報が続き、先週とうとう家の97歳の祖母が旅立ってしまいました。
100歳までいけるか?なんて思ってましたが、97まで生きてたらもう言う事はありません。
1年前に久々に会ったときはもう私の事もわからなくなっていて、それでもまあ一緒に食事をしたりと比較的元気だったと思います。
食事中に突然寝てしまったりして、「え?もしや?」なんてドキドキしましたが、息はしてたのでそのときは皆、一安心だったけれど。(そんな事考えてたの私だけかも。)

葬儀に出る度に「幸せな人生だったんだろうか。」とふと考えたりしますが、間違いなく祖母は幸せな人でした。
とても明るく朗らかでよく喋る元気なお祖母ちゃんで、人から嫌われる事もなく、町内会の副会長だかをやっていたそうで、近所の人からも信頼されてたようです。
叔父夫婦と一緒に住んでいて、大きな病気もせずに最後は肺炎でしたが、入院してたのも2日位だったかな。

昨日告別式が無事に終わり、ホッとしました。
葬儀って何かと疲れるんですよね。
喪服を着る事も疲れるし、会ったことない親戚やらに挨拶したりと、まあ家の場合は同じ都内なので、遠くへ行く必要はない点、楽ですけどね。
もうしばらく葬儀は出たくないです。。。


話はまた変わりまして、映画の感想を。
予告で面白そうと思って見に行こうか迷ってた「真夜中のゆりかご」をDVDで見ました。
良かったです。
ここからネタバレありますので、未見の方はご注意を。

北欧の映画という事で、全編音楽なども淡々としてて、ハリウッド映画のような大げさな効果音とか一切なし。
静かな映画でした。
主人公の警察官は、自分の子が突然死してしまい、薬物依存の夫婦の家で見た汚物まみれの育児放棄された赤ん坊を変わりに連れてくるというのが予告で見た大まかなお話し。

予告だけ見てると理に適ってるんです。
だって汚物まみれの赤ちゃん、可哀想で見てられないんです。
過去の家のタビーの事を思い出します。色々あったのですが、まあ書かない事にします。
こんな家で育てられるなら、自分たちで大事に育てたいとこっそり連れてきてもいいんじゃないか、そのほうが幸せでしょうと当然思います。
が、そこには落とし穴が。

冒頭から警官の妻が少し神経過剰なところがあり、育児疲れしているような感じはあります。
そしてわが子が突然死してしまい、決定的に壊れてしまうのですが、実は死んだのが妻による虐待だったというもの。(揺さぶり症候群)
一見幸せそうで順調そうに見える夫婦だったけど、どこか妻の表情は寂し気で会話からして実の両親にあまり愛情をそそがれなく育ったようでした。
そんな点からして、わが子に対しても愛情の注ぎ方がわからないのか、育児疲れで鬱憤がたまっていたのか。
妻は代わりの赤ん坊を連れてきたところで、自殺してしまいます・・・

連れ去った赤ん坊は結局元の母親(ジャンキーだけど実はわが子には愛情はあった)に戻ります。
警官は罪を償い、数年後はホームセンターで真面目に働くのですが、そこで成長した赤ん坊と母親を見ます。
母親は穏やかな表情で、子供は元気でよく喋る利発そうな子供になってました。
映画は暗い雰囲気なのですが、思いのほかハッピーエンドでした。

派手さはないけど、ストーリーの意外性や静かで淡々とした北欧の雰囲気が出てる良く出来た映画だと思います。
赤ん坊のすり替えというテーマから物語がどうやって広がっていくのか、予測もつかなかったんですが、なるほど~と思ってしまいました。
視点が面白いですね。さすがヨーロッパの映画です。


[PR]
by tabbythecat | 2016-04-29 15:05 | 独り言

箱入り息子の恋

熊本での地震。余震が続いてまだ予断を許さぬ状況ですね。
避難生活が続くと精神的にも肉体的にも限界がくると思いますし、ペットたちの事も気になります。
猫なんか特に、キャリーに入れて避難させるなんてとても出来そうにない・・・
トイレ出来ない、ごはん食べないだろうし、避難所連れていけないとなるとどうなるんだろうか・・・
他人事ではないですよね。

芸能人のブログやらSNSが炎上しているようですが、気の毒というかなんというか。
寄付しても文句言ってくる人はいるし、ブログで発信すれば炎上するし、笑顔の写真アップすれば不謹慎と言われるしで。
あえて触れなければまた何か言われてしまうだろうし、沈黙してるのが一番なんでしょうか。
実際、同性の受けがいい人ってブログやSNSを一切やってない余計な事言わない人が多いですからね。(例えば安室ちゃんとか明菜とか)ボロが出ないってだけなんだろうけど。

私が最近注目してる人。
星野源と菅田将暉君。
菅田君だけ何故か君づけですが、私より20歳近く若いですよね、確か。
この子の演技にすごく注目してまして。
「そこのみにて光輝く」での弟役がすごく上手くて感心してたんですが、その後に「ごちそうさん」で杏の息子役が菅田君だったって全く気付かなかったんです。
役によって、だいぶ変わる子なんですね。
CMの鬼ちゃんも全く別の顔してるし。
いやー、彼はポスト山田孝之になると思いますよ~。
面白い子が出てきたなあと、デイン・デハーンを発掘した時のような想いを抱いてます。

それと星野源。
初めにこの人を見たのが「地獄でなぜ悪い」でした。
音楽やったりマルチに活躍してると噂で聞いてましたが、映画の彼はまるで華がなくてよく俳優やれるなっていう位普通の人でした。
柄本明の息子さんみたいな感じ。
なんであんな容姿でドラマ出れるのよって思ってたら、親が柄本明だったっていう。

で、源さん(!?)ですが、多才な人だからか魅力的なんですよね。
見た感じは本当に普通なんですが、私あの手の顔が好きなのかも。
彼が主演の「箱入り息子の恋」を見たんですが、面白かったんです。
予告で見た時、純粋なラブストーリーなんだろうなと思ってたんですが、ちょっと違ってました。
前半はとってもピュアな2人のお話しで、夏帆演じるヒロインが牛丼屋で泣くシーンに思わずもらい泣きしてしまうのですが、後半になってからブラックコメディのような展開で。
最後のほうの演出も笑えるし私は結構好きなオチ。
星野源演じる主人公は女性と付き合った事もなく、内気で人付き合いが苦手な35歳という役どころですが、なんか可愛く感じて。
恐らく星野源が演じてるからそう思うのであって、身近にいたら「気持ち悪っ」と思うかも・・・
ただ純粋な彼が本当に可愛くて微笑ましいのですが、最後のほうでカエルの鳴き真似しながら手すりにしがみついてる姿はひたすら気持ち悪かったです。

歌も演技もコントもこなす多才さは魅力ですねー。
そつがないタイプの人がつくづく好きなんだと思います。


[PR]
by tabbythecat | 2016-04-20 23:05 | 独り言

知人の訃報

さて、パナマ文書の事でも書きたい所ですが。
あ、イマイチよくわかってなかった(笑)報道規制かかってるようですね。

先週末、突然の知人の訃報。
1年半前から闘病生活をしてた彼女。まだ30代後半でした。

30代で、というと出てくる言葉はやはり「まだ若いのに。」とか「可哀想に。」
となってしまうし、私自身も他人から聞かされたらそう答えてしまうかも。
ここ最近思うのは、ただ早いか遅いかってそれだけなんじゃないかなと。

勿論、もっと長く生きて欲しかった、誰でもそう思うはずだけど彼女はとても賢くて強い女性だったから、きっと彼女なりの人生を精一杯生きたはず。
誰だって遅かれ早かれ病気になる事はあるし、長生きして病気知らずって人は本当にまれだと思うし。

10代、20代の頃は死が身近でなくて、遠いもののような気がしてました。
30代になってから、身内の死が続き、祖父・叔母・父・叔父と死に直面する事が多くなりました。

フェレットを飼っていた頃、セカンドオピニオンでお世話になった動物病院の院長先生の言葉が今でも私の支えとなってます。
長男フェレットのポーリーが、もう長くはないだろうとわかっていたけれど、失う事がとても怖くて、診察中に取り乱して泣いてしまった事がありました。
お会計待ちしている私の所へ院長先生が顔を出して、
「あのね、動物って先に死ぬんだよ。仕方ない事なの。人間だっていつか死ぬんだからさ。」
この言葉を聞いて、気持ちがフッと楽になった気がします。
ぶっきらぼうな言葉だけれど、私はその時「そういえばそうだ。」と妙に納得したんです。
その後もメールで相談をしたりすると、電話をかけてきて下さって話を聞いてもらったりと今でも感謝しています。
かかりつけの先生にも、獣医さんには本当にお世話になりました。

少し脱線しましたが、長生きすればいいとか一概には言えないと思うんですよね。
映画「グリーンマイル」のセリフじゃないけど、長生きした分だけ大切な人たちの死に直面し、見届けなければならなかったっていう事もある。

けれど、Facebookを見たらつい何年か前の写真には元気だった頃の彼女がいて、やはりいなくなってしまった事が信じられなくて。
彼女はいなくなってしまったのに、皆は普通に生きていて会社に行ったりご飯を食べたり、TVではくだらない番組がやってる。
日常生活は当たり前だけど、普通に続くんだなと。
私だっていつ病気になるか、そんなのはわからないものです。

去年、間抜けにも愛猫に噛まれ手術しなければならなかった時、自分が切開して縫うだなんて一生ないと思ってたからすごく怖かったんです。
でもその時、闘病生活をしてる彼女を思い出して、私なんかよりよっぽど大変な思いしてるんだ、こんな事くらいで怖がっててはいけないと励みになったよ。
お化粧全くしないでいつもすっぴんで、飾り気のなかった彼女だけど、誰よりも素で美人だった。
整った顔立ちで、着飾る必要もない人だったんだよね。
皆必死で化粧して頑張ってオシャレしてるのに、それだけで恵まれていたんだよ。

ご冥福を心からお祈りいたします。
本当に本当にありがとう。


[PR]
by tabbythecat | 2016-04-10 22:25 | 独り言



猫と仕事と趣味のお話し