ペットシッターブログ

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

福山さんからのメール

2月ももうすぐ終わりです。段々暖かくなってきました。
先日、福山雅治さんからメールが来ました↓コピペ

「 いつもお世話になっております 25日 9時半より 縮毛矯正 ノーマルコース ご予約承りました!
終了時刻は 13時頃となります よろしくお願いします


福山雅治 」

いや、いつも行く美容院に予約入れたらこんなお返事が来ました(笑)
一瞬、新しいスタッフの方が入ったのかと思ってしまいましたが。
若い頃美容院ジプシーだった私もすっかり今は落ち着いて同じ所です。
美容師さんが男性だけなのでなんとなく居心地もいいし、話しやすいって所ですかね。
それと同世代位なのもいいのかも。あまり若い人だと気後れしてしまうので・・・

今の時期、全国各地で花粉症自慢大会が繰り広げられているかと思います。
いかに自分は花粉症がひどいか、辛いかを競い合う行事でございます。
って私も花粉症なんでね、負けてませんよお。
でも病院には行ってません。市販の薬をひどい時に飲むだけです。

SNSとかでも具合が悪くて辛いとか、病気自慢をする人いますが(笑)やはり気を引きたいからなんでしょうか。
私も年に数回具合が悪い時があるので、そんな時は密かに自慢してますが。
いや、自慢にはなりません。アレルギーだったり病弱だったりは決して自慢にはなりません!!
以前TVで生田斗真君が、何のアレルギーもないと診断されてて、お笑い芸人に「スーパーハンサムじゃないですか!」と言われてました。
確かに、あの容姿で何のアレルギーもない、健康体って素晴らしい、素敵だわ~と思いました。
きっと食生活とか普段の生活もきちんとしてるんだろうな、と連想しますから。
現代人に花粉症等のアレルギーが多いのは、加工食品などが昔と比べて増えたからという説もありますし。
きちんとしたもの食べてて不摂生にしてなければ、生田君のようなスーパーボディになれるはず。

それと本当に重い病気にかかったりする人はそんな事一々言ってられませんからね・・・
アレルギーは多々ありますが、私は健康には自信ありますよ!
お医者さんにも褒められてる位ですし。不摂生もしないし。
まあ、腕限定の日光アレルギーで、夏場はダサダサのアームカバーしないと外出れないんですけどね。

ところで最近ミッキーの猫グッズをやたらと見かけます。
とても可愛かったんで、猫じゃらしをタビーと実家のチップに1つずつ買ってしまいました。
a0312665_20301251.jpg

チップさん、一緒に寝る位気に入った様子。
a0312665_2031740.jpg

a0312665_20312568.jpg

チップには胴体で、タビーには手のほうを。
a0312665_20321982.jpg

早くも飽きてるようですが。
a0312665_20325382.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2015-02-25 14:25 | 独り言

アメリカン・スナイパー

本日は2・22で猫の日という事で、「アメリカン・スナイパー」を見に行ってきました!(関連性は全くないです。)
公開2日目。混んでるんだろうなと思いつつ東武練馬へ。
9時50分の初回です。
アカデミーも多数ノミネートと話題作なので、さぞ混んでるかと思いきや、前のほうの席は空席もチラホラ見られました。
真ん中より後ろはほぼ満席でしたが。

戦争ものという事で、正直あまり見たくはなかったんです。内容的には。
同じアカデミーノミネートなら「バードマン」のが面白そうだなと思うし。こちらはまだ公開されてませんが。
しかし、主演がブラッドリー・クーパーという事だけで見に行った次第です。。。
イーストウッド監督って所も見に行きたい度が増すんですよね。
イーストウッド監督の映画は外れがないし、何本か見て全て良作だと思いますし。
でも、主演がブラッド・ピットとかだったら確実に見てないです。
好き嫌い云々でなくどうでもいい位置にいる人なんで・・・

で、ブラッドリーだけを目当てに見に行った私ですが、肝心の彼は今作でかなりポチャってます。
最近太ったと聞いてたけど、プニプニにでした、確かに。
役作りなのかなあ・・・中年太り!?
この映画、実在の人物を描いた作品なのですが、最後のクレジットで出てきた本人がよく似ておりました。

正直この映画のブラッドリーのイケメン度は低いです。
彼はコメディに出てイケメン度がアップするタイプなのでしょうか・・・
しかし主演俳優賞にもノミネートされるくらいですから非常に好演でした。
ブラッドリーのイケメン具合をみる映画ではないのですよね(苦笑)

ちょいネタバレになると思うのでここからは閲覧注意です。


ラスベガス旅行の時にTVでこの映画の事をやってて、実在の人物であること。
そして、彼は戦地ではなく、同じく退役した元軍人によって射殺されてしまった事を知りました。
なんとも皮肉な話です。
あれだけ緊迫した中で生還したのに、あっさりと同胞に殺されるとは・・・

映画の出来は上手く作られてると思います。
さすがだなと思いました。
砂嵐のシーンでは、本当に戦場にいるような気分になりました。

そして、つくづく思うのは、アメリカはいつまで見えない敵相手に自作自演までして、戦争続けるつもりなんだろうという事でしょうか。
戦争する口実に次から次へと色んな敵を登場させるものですね。
きっと本国の人も、実際に戦地に行ってる人や退役した人だって思ってるはず。

この主人公のクリスは実在の人物ですから、監督も色んな事を配慮して作ったとは思います。
実際のクリント・イーストウッド監督がインタビューで言ってるのが、
「戦争を賛美する映画ではない。むしろ終わりのない戦争にこんなに多くの人が時間と労力を割いているわけだから、ある意味反戦映画だ」
この言葉につきると思います。

ただ、思うのはアメリカって軍人になる人が多いんですよね。
他にいい仕事がないって事もあるし、それが産業として成り立ってる部分もあり。
戦争がおきれば儲かる人もいるし、実際に平和だったらあんなに基地とかポコポコ作らなくて済むわけだし。
この映画の主人公は自ら志願して、国を守りたい、国のために戦いたいと軍人になってますが。
そもそもその思想が、私たち日本人からしたら異質な気がします。
まあ、故人を悪くいうのはいけない事だけれど、そういった浅はかな思考でいる事自体、無知な人間に見えるし。

とはいえ、多くの元軍人の方も気づいてる人が今は多いようです。
ほんとうの敵は中東ではなく、アメリカ国内にいるんだって事を。

ちょっと考えさせられる、重い映画でした。
近頃は戦争ものとか重たいテーマは控えてたんですがね、「それでも夜は明ける」もよさげだけど、重たそうなので見てないですし。

戦争ものではありますが、一人の兵士の物語でもあります今作ですが、深く考えたい人などにはオススメかと思います。
作り方や映像はとても良く出来ています。何よりこの映画、予告がかなり緊迫した雰囲気で、引き込まれるんですよね。
そしてエンドクレジットはまさかの無音でした。

後、ブラッドリーの奥さん役がシエナ・ミラーだったんですが、私どうもこの人の顔が判別できなくて。
名前は知ってるんですが顔が浮かんでこなくて、映画見てても本当に特徴のない人で、美人だけど全く印象に残らないという・・・
ジュード・ロウの元彼女って事しか浮かんでこないです(笑)

見終わった後は欝な気分になるし、二度と見たくはないですが、映画館で見るのは迫力もあって臨場感溢れる作品でした。
ブラッドリー目当てで行くと肩透かしくらうかも。
彼はやはりコメディで光るイケメンですから。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-22 16:11 | 映画

プリズナーズ

花粉の季節になってきましたが、風が強いと一段と寒くなりますね。
一昨日位から風が強くて、外にいるのが嫌になってきます。

さて、最近見たオススメのDVDをご紹介。「プリズナーズ」
評判が大変よかったし、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールのW出演という事で、期待大。

感想は・・・すごく面白かった!!評判通りでした。
最初から最期まで、ハラハラドキドキでこの寒いのに手足に汗びっしょりかいてしまいました。
なかなかよく出来たサスペンスだと思います。

娘のためなら、そこまでやるか!?と思ったりするも、切羽詰っていたらきっとこうなってしまうんだろうなと思ったり。
娘の父親役のヒュー・ジャックマンは勿論適役で文句ないし、刑事役のジェイク・ギレンホールの見事なアヒル口は健在でした。
天然なアヒル口のジェイク、日本の女子もさぞ羨ましいでしょうな。

終わり方も私は好きでした。
きっと自分の子供が誘拐されたら、この家族のような気持ちになってしまうんだろうなと感じたり。
それと、この映画は宗教的な映画だそうです。
悪魔・神・異教徒の3者が織り成す物語という解釈で見てみると奥深いものがあるかと。
最後のほうで気づいたんですが、ジェイクが演じるロキ刑事が小指にリングをしているのが印象に残り、後で調べたらフリーメーソンの指輪だそうです。
とある解釈では、結局神や悪魔が事を解決するんではなく、フリーメーソンが解決するのであるとか。

そこまで解釈出来る人は少ないと思うけれど、映画を通してサブリミナル的にメッセージを放出してるのかもしれませんね。

それと、さっきまでBSでやってたんですが、「ゴールデン・スランバー」がなかなか面白い。
特に、濱田岳君演じる通りがかりの男がいい味出しており、伊坂幸太郎の原作が読みたくなりました。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-15 22:13 | 映画

雑記いろいろ

ラスベガス旅行最終日に食べたSHAKE SHACKが非常に美味しくまた行きたーいと思ってたんですが。
つい先日、とても美味しいハンバーガー屋さんを見つけました!!
その名もthe 3rd Burger
お店の雰囲気からして海外からきたのかと思ってたんですが、日本の会社のようです。
買い方も海外流で、注文してページャーを渡されて呼ばれるまで待ちます。
モスバーガーとかだと、番号札貰って店員さんが運んできてくれますが、海外だと大抵はページャーで呼び出され自分で取りに行くって方式ですね。

肝心のお味ですが、美味しかったです!
SHAKE SHACKと同レベルの美味しさでした。
大きさも同じ位。ただ、SHAKE SHACKのほうはセットメニューがないですが、こちらはありました。
値段も比較的リーズナブル。
フライとドリンクのセットでしたが、フライは気持ち程度で少なめ・・・
でも揚げたてですごく美味しかったです。SHAKE SHACKのほうは、フライを頼まなかったので、比較は出来ませんが。
値段もthe 3rd Burgerのほうが若干安いかな。
やはり日本の食のクオリティは高いですね。
トイレの清潔さと食事のクオリティは世界一かと思います。


そして、ベガスで購入したTOTESの折りたたみ傘があるのですが、何度か雨が降ったので早速使いました。
前から気になってはいたんです。
確か日本で買うと3000円はすると思ったけど、10ドルで買いました。
でも、何故か傘袋がついてなかったんですよね。だから安かったのかな。
そんなむき出しの傘ですが、使い勝手はとてもいいです。
大きいし、しっかりしてるし、何より撥水加工してあるから雨に濡れても水滴がすぐ落ちるんですよね。
そんな感じなので、カバーがなくても大丈夫なんですが、やっぱりあったほうが便利かなあ。
今まで使用していた傘がとにかく骨が弱いし、傘袋があっても撥水が悪くすぐビシャビシャになるという。
それに比べてすごく優秀な傘です、TOTES。

もうひとつ、つい最近みたDVDの感想。
スロットマシーンであった「ブライズ・メイド」。
何度かプレイしたんですが、ボーナスがすぐ出たり楽しいマシーンでした。
この映画の事知らなくて、TVシリーズかなにかと思ったんですが、よくよく調べたら映画でした。
しかも本国では大ヒットしたそうで。
早速、帰国後に見てみました。

総合的に、とっても面白かった~。
ハング・オーバーの女性版という感じで、とにかく下品なコメディです。私は割とこういうノリは好き。
主役の女性は行きの飛行機で見た映画に出てた人に似てるけど違うのかなあと、スロットやってる時からずっと思ってたんですが、やはりそうでした。
サタデーナイトライブ出身のクリスティン・ウィッグという女優さん。
美人だけどコメディもいける感じの人です。私と同い年だった。

物語は親友にメイド・オブ・オーナーを頼まれた主人公が奮闘するのですが、全て裏目に出て失敗ばかり、ついでに私生活もボロボロで、という感じで始まります。
親友が、つい最近知り合ったフィアンセの上司の妻も一緒にブライズ・メイドに加わるんですが、何もかも完璧で美人な彼女に対抗意識をメラメラに燃やし、最終的に悪態をつく主人公。
この上司の妻役がどこかで見た事あると思ったら、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズでブラッドリーの奥さん役だった人でした。
上品な顔立ちで、こういう奥さん役がよく似合う人です。

こういう映画だと主人公を応援するのですが、私はイマイチこの主人公が単なるワガママでイヤミな女にしか見えなかったんですけど。
対抗意識を燃やす上司の妻のほうが、純粋に女友達が欲しくて、何かしてあげたいっていう下心もない女性な気がしました。

とはいえ、最後はハッピーエンドだし、懐かしのウィルソン・フィリップスが出てきてアラフォーには嬉しいサプライズでした。
すっかり見なくなりましたが、3人とも幸せに結婚してママになったようです。
チャイナは相変わらずの美人だったし。

ちょいと品が無いコメディ映画ですが、笑えて楽しく見れる作品です。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-08 22:19 | 映画

2015ベガス旅行記11

明日はまた雪のようです。暦の上では春なのに、まだまだ寒いですね。
昨日は21時半頃眠くなり、22時には就寝。
2時頃ハッと目が覚めたんですが、またすぐに眠り、6時半まで寝てました。
我ながら寝てばかりいます。歳のせいでしょうか。

さて最終回となりました、ベガス旅行記。
帰国の日です。
去年は4時頃ホテルをでなければいけなかったので、寝ませんでしたが、今年は9時のフライトだったので、眠る事が出来ました。
ベガス最後の夜はオールナイトで、という人が多いと思うんですが、先述したように私も歳ですから睡眠は大事なのです。
5時間位は寝て、6時すぎに部屋を出、タクシーで空港へ。
セキュリティは案の定、長蛇の列でしたが、無事突破。
朝ごはんを空港で食べ、後は帰るだけです。

帰るのってなんでこんなに悲しげで、絶望的な気分になるんでしょう。
現実に戻るのが辛い瞬間です。
その為の、旅行であり休暇なんでしょうけどねえ。

心配していた帰りの乗り継ぎも、すんなりといきました。
帰りの飛行機はガラガラでした。
アメリカは3連休だったためでしょうか。

映画は2本見ました。
「ミュータント・タートルズ」と「イコライザー」
「ミュータント・・」はアニメで昔見ましたが、今更なぜに実写??
私が高校生位の頃、大流行りでしたが、日本での知名度ってどうなんだろ。
映画のほうは特に新鮮味があるわけでもなく、ヒロインがミーガン・フォックスによく似た美女だなあと思ったら本人でした。
「イコライザー」のほうが面白かったです。
デンゼル・ワシントンの映画っていつもちょっと避けてしまうのですが。
嫌いではなく、むしろ好きな俳優さんに入るんですが、彼がでてる映画って内容云々よりも、「デンゼル・ワシントンの映画」って括りになってる気がして。
クロエちゃんがまさかの娼婦役で出ています。
子供だと思ってたのに、こんな役をやるようになったとは!
ムチムチして可愛かったです。演技も上手いし、この子は。
内容も、所謂アメリカ式のご都合主義なそんなわけないだろ的なんですが、それでもスカッとして楽しいです。
ロシアを徹底的に悪者にしてます。
調べたらこの映画の監督はプロバカンダ映画御用達なそうなんで、今後の米露関係を描いたような作りなんでしょうけど。
一見、むちゃくちゃなお話しですが、デンゼルはやはりカッコイイし、魅せてくれます。

そんな感じで2本映画を見て、途中でウトウト寝たりしながら成田へ到着しました。
帰りは総じて、めんどくさい。けれど、家にはいい子で留守番していたニャンがいつものように迎えてくれました。
a0312665_11474783.jpg

元気にしてました。妹によると、ゴハンをあげる時など寄ってきたりしてたようですが、最終日に触ったらシャーっと言ってたようです。
猫の不思議な所で、擦り寄ってきたりするクセに触ると怒るっていう・・・

実家のチップも元気でした。
a0312665_11501752.jpg


今回でベガス旅行記はおしまいです。
今回はいつも以上に充実した旅でしたが、入らなかったホテルが結構ありました。
ベラージオ・フラミンゴ・ハラス・ウィン・パラッツオ・パリス・バリーズあたりは比較的入るのですが、今回は行けませんでした。
ベガスのホテルは巨大ですから、モールのあるホテルなんかだと半日は潰れてしまうので、スケジュール的に全部行くのは難しいです。
そして、今回よく仮装して街中ウロウロしてる人たちの中に、アナ雪のオラフが結構いました。
4体位はいたと思う・・・・

まだわかりませんが来年行けたら、バリーズの長年工事してた部分が完成されていると思うので訪れてみたいし、19回も行ってるのに実は行った事ないラスベガス・サインで写真も撮りたいし、アウトレット・サウスの方やタウン・スクエアにも行ってみたいです。
見所は沢山、お金が有り余ってたらもっと楽しいんでしょうけど・・・・
堅実に働いて、思いっきり楽しむのが、ベガス流でしょうか。

今回もお休みをいただき、皆様にはご迷惑をおかけしました。
お陰様でリフレッシュ出来ました。今後も仕事に励みますので、宜しくお願いします。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-04 12:11

2015ベガス旅行記10

年と共に時間がたつのが本当に早いですね。もう2月。
ベガス旅行から2週間もたってしまいました。

さて最終日の5日目になります。

朝一でプラネットハリウッドへ行きました。
ミラクルマイルズショップへ行き、朝食は入口のすぐ近くにあった「Earl of sandwich」で。
a0312665_22174121.jpg

朝食はサンドウィッチと写真のプレートを頼みました。
他所と比べると、それ程くどくないお味です。
オムレツはフワフワでした。
ケチャップがないなーと思ったんですが、ハッシュブラウンはコショウがぴりっと丁度よく効いています。
ケチャップなしでもいけました。
ベーグルはバターとジャムを塗って。全体的に上品なお味でした。

朝食後はモールをフラフラ。
こちらは、比較的手頃な値段のお店が多いので好きです。
H&Mで洋服を買ったり、ABCストアに入ったり、日本で行列が出来てるポップコーン屋もありましたが、お腹がいっぱいだったので買いませんでした。
それ程ポップコーンに情熱がなかったので。

最後にいつも行く「Urban outfitters」へ。
ここはいつもセールをやっていて、かなりお得な値段になっているので好きです。
店内は90年代に流行った曲がやたらとかかっていて、一瞬私のためかと思いました。
ボビー・ブラウンとかクリス・クロスの「JUMP」とかかかってるんですもん。懐メロもいいとこ。
そのせいか、長居してしまいました。

モールを出てカジノで少し遊んでから、近くの「WALGREEN」へ。
ICEEのチェリー味を買って飲みました。
その後はバスの有効期限が14:41だったのでギリギリで乗ってホテルまで戻りました。

コスモポリタンの前に招き猫が・・・
a0312665_22345217.jpg

反射してよく見えないですが。

その後は荷物を置いて、M&Mへ。
チョコレートを買って、徒歩でMGMに移動しました。
MGMも巨大なホテルです。ライオンさんはいなくなってしまいましたが。
MGMではOZのスロットを沢山しました。
スロットはキリのいい所で止めるのが一番ですね。
ちょっと儲かったらすぐ止める事です。

キリのいいところで引き上げて、最後にもう一度Marshallsに入りました。
コーヒー豆と折りたたみ傘を書い、買い物はこれで終了~。

そして、最後の晩餐何にしようと考えた結果。
お隣NYNYの「SHAKE SHACK」にしました!!
NYで連日行列が出来ていると評判のバーガー屋さん。
ベガス店も行列が出来てました。
a0312665_22522972.jpg

席空いてないかなーと思いましたが、空いておりました。
私が頼んだのは、オーソドックスなバーガーといちごシェイク。
カロリー表示してあり、バーガーは490キロでシェイクは600~700とか書いてありました。
シェイクのカロリーの高さに驚き、他の余計なものは頼まなかった次第です。

小さめのバーガーですが、味は絶品です。シェイクも美味しいし、くどさがない。
また来たいなーと思いました。

NYNYを後にして、モンテカルロに戻り最後のスロットを思う存分楽しみました。
a0312665_22481326.jpg

部屋に戻ったら、外から花火の音が聞こえてきました。
外にいたら見えたのになー。
夜中に花火とかやってるベガスが好き。
翌日の飛行機に備えて、0時になる前に寝る努力はしました。
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-02 22:50

2015ベガス旅行記9

旅行記なんですが、余談を。
昨日、家の近所で何かの工事をしていたようで、23時回っても音が聞こえてました。
そんなに夜遅くまで工事するって近所迷惑もいいところですよね。
眠れなくなったらどうしてくれんのよっ!!と怒りながら床についた途端に寝てましたが。

最近は面白いブログを発掘するのがマイブームです。
カータンも笑えるけど、この大学生のブログもかなりシュールで笑えます。
cityboy.me
頭のいい子だと思うけど、大学生だからこそ出来るんでしょうねえ・・・
でもこの子きっと就職しても大成するんじゃないかと思います。
企画力に優れてそうだし。

さて旅行記。
ショーを見るために、部屋を出てマンダレイ・ベイに行きました。
こちらに来るのは2度目です。
a0312665_2051030.jpg

高級ホテルですが、一番南側にあるので、若干不便です。
そのせいかあまり訪れる事もありませんでした。

ショーの時間までホテル内をウロウロしましたが、とにかく広くて、シャークリーフのあたりまで行くと結構な距離でした。
シャークリーフ安かったら入ろうかなどと話してたら40ドルとか書いてあったので、あっさり引き返してきました。(追記・・・調べたら大人18ドルでした。40ドルと見間違えたのは年間のパスだったようです。)
そしてスロットをしばらくやりつつ、あんまりやっているとショーの時間ギリギリとかになると嫌なので、キリのいい所で止めて休憩する事に。
フローズンヨーグルト屋さん??があったので、そちらでデザート休憩。
モンテカルロにもあるお店ですが、日本でいうとソフトクリームが数種類あって、自分で好きなフレーバーをカップに入れ、トッピングも自由に乗せられるというスタイルのもの。
重さで値段が決まります。

7ドル位だったかな。
味は割と美味しいです。
そちらには、1時間半位ボケボケと休憩してたでしょうか。

17時回ったので、ショーのギフトショップを見たりして時間を潰してました。
マイケル・ジャクソンのONE。
今一番評判のいいショーです。

私たちの席は割と見やすい席で、通路も近かったので、ダンサーの人が横に来たりととても間近に感じられました。
マイケルの子供時代の映像が3Dになったり、演出も見事でシルクの皆さんのダンスもカッコよかった。
今までの中では2番目に良かったショーでした。
a0312665_216143.jpg

マイケルの死後も彼を利用して金儲けしてる人がいるのは事実だと思いますが、これに関しては彼へのリスペクトが感じられたし何よりダンサーの方々の熱意が伝わってきました。

そして、ショーが終わった後は夕食を食べにお隣のルクソールへ移動。
a0312665_2185853.jpg

こちらに来るのも久しぶりで、やはりちょっと不便な場所にあるが故に。
遠くからはよく見てたけど、こんなに間近で見たのは初めてでした。

フードコートに行ったんですが、この旅初めての食事の失敗でした。
「nathan’s」ってホットドックで有名なチェーン店ですが、ちょっと高めの設定だそうですね。
それはいいとして、ホテル内だからといってこれで36ドル!!
a0312665_21124693.jpg

ビックリしましたよ。大して美味しくないし。
ステーキサンドとフライもついてるし、ホットドックも大きいから多少は高くても、これならどこかのレストランで食事するのと変わらない値段だし。

ルクソールでカジノをした後は、エクスカリバーへ寄りました。
こちらはよく行くホテルなので、馴染み深いです。
どちらかというと子供向けのホテルですね。ゲームセンターみたいなのもありますし。
子連れならサーカスサーカスか、エクスカリバーあたりがいいかも。

この日は色々なホテルを回って、ショーを見て、充実した1日でした。(夕食以外)
[PR]
by tabbythecat | 2015-02-01 21:19



猫と仕事と趣味のお話し