「ほっ」と。キャンペーン

ペットシッターブログ

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

また葬儀

ゴールデンウイークに突入しました。
毎年、どうしたもんかゴールデンウイークの予約少なめなんです。。。
他のイベントの時はそこそこご依頼いただくんですが。
毎年関係のない人に聞かれても「まあ、普通です。」とだけ言っておくことにしました。
飼い主様ならともかく、全く仕事と関係のない人に一々聞かれると面倒なので。

訃報が続き、先週とうとう家の97歳の祖母が旅立ってしまいました。
100歳までいけるか?なんて思ってましたが、97まで生きてたらもう言う事はありません。
1年前に久々に会ったときはもう私の事もわからなくなっていて、それでもまあ一緒に食事をしたりと比較的元気だったと思います。
食事中に突然寝てしまったりして、「え?もしや?」なんてドキドキしましたが、息はしてたのでそのときは皆、一安心だったけれど。(そんな事考えてたの私だけかも。)

葬儀に出る度に「幸せな人生だったんだろうか。」とふと考えたりしますが、間違いなく祖母は幸せな人でした。
とても明るく朗らかでよく喋る元気なお祖母ちゃんで、人から嫌われる事もなく、町内会の副会長だかをやっていたそうで、近所の人からも信頼されてたようです。
叔父夫婦と一緒に住んでいて、大きな病気もせずに最後は肺炎でしたが、入院してたのも2日位だったかな。

昨日告別式が無事に終わり、ホッとしました。
葬儀って何かと疲れるんですよね。
喪服を着る事も疲れるし、会ったことない親戚やらに挨拶したりと、まあ家の場合は同じ都内なので、遠くへ行く必要はない点、楽ですけどね。
もうしばらく葬儀は出たくないです。。。


話はまた変わりまして、映画の感想を。
予告で面白そうと思って見に行こうか迷ってた「真夜中のゆりかご」をDVDで見ました。
良かったです。
ここからネタバレありますので、未見の方はご注意を。

北欧の映画という事で、全編音楽なども淡々としてて、ハリウッド映画のような大げさな効果音とか一切なし。
静かな映画でした。
主人公の警察官は、自分の子が突然死してしまい、薬物依存の夫婦の家で見た汚物まみれの育児放棄された赤ん坊を変わりに連れてくるというのが予告で見た大まかなお話し。

予告だけ見てると理に適ってるんです。
だって汚物まみれの赤ちゃん、可哀想で見てられないんです。
過去の家のタビーの事を思い出します。色々あったのですが、まあ書かない事にします。
こんな家で育てられるなら、自分たちで大事に育てたいとこっそり連れてきてもいいんじゃないか、そのほうが幸せでしょうと当然思います。
が、そこには落とし穴が。

冒頭から警官の妻が少し神経過剰なところがあり、育児疲れしているような感じはあります。
そしてわが子が突然死してしまい、決定的に壊れてしまうのですが、実は死んだのが妻による虐待だったというもの。(揺さぶり症候群)
一見幸せそうで順調そうに見える夫婦だったけど、どこか妻の表情は寂し気で会話からして実の両親にあまり愛情をそそがれなく育ったようでした。
そんな点からして、わが子に対しても愛情の注ぎ方がわからないのか、育児疲れで鬱憤がたまっていたのか。
妻は代わりの赤ん坊を連れてきたところで、自殺してしまいます・・・

連れ去った赤ん坊は結局元の母親(ジャンキーだけど実はわが子には愛情はあった)に戻ります。
警官は罪を償い、数年後はホームセンターで真面目に働くのですが、そこで成長した赤ん坊と母親を見ます。
母親は穏やかな表情で、子供は元気でよく喋る利発そうな子供になってました。
映画は暗い雰囲気なのですが、思いのほかハッピーエンドでした。

派手さはないけど、ストーリーの意外性や静かで淡々とした北欧の雰囲気が出てる良く出来た映画だと思います。
赤ん坊のすり替えというテーマから物語がどうやって広がっていくのか、予測もつかなかったんですが、なるほど~と思ってしまいました。
視点が面白いですね。さすがヨーロッパの映画です。


[PR]
by tabbythecat | 2016-04-29 15:05 | 独り言

情熱大陸

先日やっていた「情熱大陸」。
猫専門の動物病院の獣医師ということで早速チェック。
冒頭ウトウトしながら見てたんですが、すぐに眠気も覚めて最後は号泣しながら見てました。
そのせいかなかなかな寝付けなかった…
寝る前に見るもんじゃないですね。
猫専門ということで、より高度な技術が望めると思いますが、どうしようもない病の時は私も専門病院に行こうかと思ってます。

獣医さんって、どうしても人の医者よりも下に見られがちだけど、色々な動物の体の全ての部位を見るわけですからとても大変なお仕事です。
大型犬もいますが、大抵は体の小さな生き物だったりするので高度な技術が必要になるし。
そして、自分で症状を訴える事が出来ない患者相手という事や飼い主とのコミュニケーションも必要だし、本当に尊いお仕事です。

a0312665_23240408.jpg
番組の中で高齢のご夫婦が11歳のニャンコさんを連れてきて、旦那さんが
「僕らは子供がいないので、よくわからないけど、子供みたいなものですよね。」
この言葉でも涙が出そうになりますが、その子が乳腺腫瘍を患って手術するんですが、再発と転移を繰り返し、亡くなってしまいます・・・・
タビーと同じ11歳という事で、涙が止まらなくなり、ご夫婦のお気持ちを考えるとこちらも辛くなってしまいました。

しかし中野の野村先生は色物な感じでしたが、この獣医さんは正統派でした。
お父様も獣医師で奥様も。お子さん2人と猫2匹。
なんだか絵に描いたような人生。
見た目もステキな人だったし、どことなく育ちの良さも出てたなあ。
a0312665_23221717.jpg
a0312665_23275069.jpg

[PR]
by tabbythecat | 2016-04-25 23:28 |

箱入り息子の恋

熊本での地震。余震が続いてまだ予断を許さぬ状況ですね。
避難生活が続くと精神的にも肉体的にも限界がくると思いますし、ペットたちの事も気になります。
猫なんか特に、キャリーに入れて避難させるなんてとても出来そうにない・・・
トイレ出来ない、ごはん食べないだろうし、避難所連れていけないとなるとどうなるんだろうか・・・
他人事ではないですよね。

芸能人のブログやらSNSが炎上しているようですが、気の毒というかなんというか。
寄付しても文句言ってくる人はいるし、ブログで発信すれば炎上するし、笑顔の写真アップすれば不謹慎と言われるしで。
あえて触れなければまた何か言われてしまうだろうし、沈黙してるのが一番なんでしょうか。
実際、同性の受けがいい人ってブログやSNSを一切やってない余計な事言わない人が多いですからね。(例えば安室ちゃんとか明菜とか)ボロが出ないってだけなんだろうけど。

私が最近注目してる人。
星野源と菅田将暉君。
菅田君だけ何故か君づけですが、私より20歳近く若いですよね、確か。
この子の演技にすごく注目してまして。
「そこのみにて光輝く」での弟役がすごく上手くて感心してたんですが、その後に「ごちそうさん」で杏の息子役が菅田君だったって全く気付かなかったんです。
役によって、だいぶ変わる子なんですね。
CMの鬼ちゃんも全く別の顔してるし。
いやー、彼はポスト山田孝之になると思いますよ~。
面白い子が出てきたなあと、デイン・デハーンを発掘した時のような想いを抱いてます。

それと星野源。
初めにこの人を見たのが「地獄でなぜ悪い」でした。
音楽やったりマルチに活躍してると噂で聞いてましたが、映画の彼はまるで華がなくてよく俳優やれるなっていう位普通の人でした。
柄本明の息子さんみたいな感じ。
なんであんな容姿でドラマ出れるのよって思ってたら、親が柄本明だったっていう。

で、源さん(!?)ですが、多才な人だからか魅力的なんですよね。
見た感じは本当に普通なんですが、私あの手の顔が好きなのかも。
彼が主演の「箱入り息子の恋」を見たんですが、面白かったんです。
予告で見た時、純粋なラブストーリーなんだろうなと思ってたんですが、ちょっと違ってました。
前半はとってもピュアな2人のお話しで、夏帆演じるヒロインが牛丼屋で泣くシーンに思わずもらい泣きしてしまうのですが、後半になってからブラックコメディのような展開で。
最後のほうの演出も笑えるし私は結構好きなオチ。
星野源演じる主人公は女性と付き合った事もなく、内気で人付き合いが苦手な35歳という役どころですが、なんか可愛く感じて。
恐らく星野源が演じてるからそう思うのであって、身近にいたら「気持ち悪っ」と思うかも・・・
ただ純粋な彼が本当に可愛くて微笑ましいのですが、最後のほうでカエルの鳴き真似しながら手すりにしがみついてる姿はひたすら気持ち悪かったです。

歌も演技もコントもこなす多才さは魅力ですねー。
そつがないタイプの人がつくづく好きなんだと思います。


[PR]
by tabbythecat | 2016-04-20 23:05 | 独り言

ルーム

本年度アカデミー賞作品賞ノミネートの「ルーム」を鑑賞してきました。
主演女優賞は受賞したんですね。
有楽町のTOHOシネマズ日劇にて。スクリーン1でした。

感想は、上手くまとまってて良い作品でしたよ。
最近国内でもニュースになってタイムリーな題材ですが、7年間監禁された女性とその間に生まれた息子のお話し。
若干ネタバレあります。

2人は納屋に住まわされているのですが、そこで生まれた息子はその世界しか知らないわけですから外に何があるかもわからないし、母親と2人の暮らしが当たり前だと思って生きています。
しかし母親は誘拐され監禁、犯人の子供を産まされるんですが結果、息子を育て愛情を注ぐ事で精神を保っていたのでしょうか。
納屋の中は狭く、お風呂・トイレ・ベッド・キッチンとほぼ1つの部屋の中にあります。
前半の1時間は母と息子の監禁された生活が中心なのですが、私は後半よりもこちらのほうが興味深く見れました。
そして、息子を死んだ事にし脱出を試みるのですが、そこらへんはサスペンスタッチでなかなか見ごたえあります。
しかし、息子が警官に保護されてから犯人を探し当てるまで、短すぎないか!?
アメリカの警察ってあんなに有能じゃないような気が・・・
そこは映画ですから、ご都合主義で良いのかしら。

監禁生活から解放され、祖父・祖母と対面するのですが、2人は既に別居中。
祖母は他の男性と一緒に暮らしているのですが、この人はとてもいい人で息子君とも上手くコミュニケーションをとってます。
対して祖父は、犯人と実の娘との間に生まれた子供ということでまともに孫の顔を見れません。
ある意味、男親なら仕方ないのかも。そこらへんの葛藤は。

事件にあった被害者の家族のその後にスポットを当てた映画で、どうやって立ち直っていくのだろうか。周囲はどう接していけばいいのかなど色々思うことはあり。
息子のほうはまだ5歳ということで、柔軟に外の世界に溶け込んでいくのですが、母親の心の葛藤もわかる気がするし。

主演の女優さんが、ほぼ全編すっぴんですが、最初見た時35歳位かと思いました。
役では26歳なのかな?実際の年齢もそれくらいなんですね。すみません(-_-;)
主演女優賞とった程かな?と正直思ってしまったんですが・・・
何より子役の演技がすごくよかったんですよね。
この子がいたから際立ったのかも。
他の作品見てませんが、他の候補者だったらケイト・ブランシェットとかジェニファー・ローレンスとか常連の演技派のほうがきっと上手いだろうなと。

アカデミー賞といえば作品賞を受賞した「スポットライト」。
予告でもやってましたが、こちらも出来れば今月中に見にいくつもりです。
そして、今月後半には「シビルウォー」が公開される!!
えー、「アベンジャーズ」を一切見てない私ですが、「アントマン」でポール・ラッド出るのでそれのみ目当てで。
半年ぶりのスクリーンでのポール・ラッド♡

映画後は銀ブラしてましたが、東急プラザが新しくオープンしてた!
全く知らなかったんですが、12階まである色々楽しい商業施設でした。
まあ、お店はどこも似たり寄ったりですけどね。
a0312665_23112611.jpg
かーたんブログで紹介してた高知で売ってる「ミレービスケット」を買ってしまいました。
まだ食べてないんですが、すごく美味しいらしくて。
a0312665_23104137.jpg

それと、ビックカメラにて「Blackberry Priv」の実機を見てきました~。
カッコい~。スライド式のキーボードってどうなの!?と思ってたけど、思いのほかスマートな形で良かった。
キーボードは小さめで、今使ってるPassportが角ばってるので、Privは長方形で持ちやすいかも。
そしてAndroidだし。
Passportのクセで何使っててもスワイプして画面消しそうになるんですが、PrivはAndroidなんで違うのですよね。
というか、BLackberryの場合トラックパッドが使いやすいと評判だったのにPassportはないですから。
形にほれ込みましたが、なんだかんだで果たして使いやすいのだろうか?画面が大きいだけではないかと・・・
でもPriv使いやすそうだな~。しかし税込みで10万超え・・・・
そしてやはりBlackカッコいいですね。
私のWhiteberry ですから(笑)
やっぱ1台位、Black欲しいですね。




[PR]
by tabbythecat | 2016-04-13 23:12 | 映画

知人の訃報

さて、パナマ文書の事でも書きたい所ですが。
あ、イマイチよくわかってなかった(笑)報道規制かかってるようですね。

先週末、突然の知人の訃報。
1年半前から闘病生活をしてた彼女。まだ30代後半でした。

30代で、というと出てくる言葉はやはり「まだ若いのに。」とか「可哀想に。」
となってしまうし、私自身も他人から聞かされたらそう答えてしまうかも。
ここ最近思うのは、ただ早いか遅いかってそれだけなんじゃないかなと。

勿論、もっと長く生きて欲しかった、誰でもそう思うはずだけど彼女はとても賢くて強い女性だったから、きっと彼女なりの人生を精一杯生きたはず。
誰だって遅かれ早かれ病気になる事はあるし、長生きして病気知らずって人は本当にまれだと思うし。

10代、20代の頃は死が身近でなくて、遠いもののような気がしてました。
30代になってから、身内の死が続き、祖父・叔母・父・叔父と死に直面する事が多くなりました。

フェレットを飼っていた頃、セカンドオピニオンでお世話になった動物病院の院長先生の言葉が今でも私の支えとなってます。
長男フェレットのポーリーが、もう長くはないだろうとわかっていたけれど、失う事がとても怖くて、診察中に取り乱して泣いてしまった事がありました。
お会計待ちしている私の所へ院長先生が顔を出して、
「あのね、動物って先に死ぬんだよ。仕方ない事なの。人間だっていつか死ぬんだからさ。」
この言葉を聞いて、気持ちがフッと楽になった気がします。
ぶっきらぼうな言葉だけれど、私はその時「そういえばそうだ。」と妙に納得したんです。
その後もメールで相談をしたりすると、電話をかけてきて下さって話を聞いてもらったりと今でも感謝しています。
かかりつけの先生にも、獣医さんには本当にお世話になりました。

少し脱線しましたが、長生きすればいいとか一概には言えないと思うんですよね。
映画「グリーンマイル」のセリフじゃないけど、長生きした分だけ大切な人たちの死に直面し、見届けなければならなかったっていう事もある。

けれど、Facebookを見たらつい何年か前の写真には元気だった頃の彼女がいて、やはりいなくなってしまった事が信じられなくて。
彼女はいなくなってしまったのに、皆は普通に生きていて会社に行ったりご飯を食べたり、TVではくだらない番組がやってる。
日常生活は当たり前だけど、普通に続くんだなと。
私だっていつ病気になるか、そんなのはわからないものです。

去年、間抜けにも愛猫に噛まれ手術しなければならなかった時、自分が切開して縫うだなんて一生ないと思ってたからすごく怖かったんです。
でもその時、闘病生活をしてる彼女を思い出して、私なんかよりよっぽど大変な思いしてるんだ、こんな事くらいで怖がっててはいけないと励みになったよ。
お化粧全くしないでいつもすっぴんで、飾り気のなかった彼女だけど、誰よりも素で美人だった。
整った顔立ちで、着飾る必要もない人だったんだよね。
皆必死で化粧して頑張ってオシャレしてるのに、それだけで恵まれていたんだよ。

ご冥福を心からお祈りいたします。
本当に本当にありがとう。


[PR]
by tabbythecat | 2016-04-10 22:25 | 独り言

エイプリルフール(ネタはないです)

現在、ドコモはもっぱら通話のみ、データ通信はMVNOでSimフリーのBlackberry passportを使用してます。
IIJmioのデータ通信のみ3GBで契約してますが、月末になると容量制限がかかりとてつもなく遅いんです。
先月はかなり重くなり、Twitterの画像表示がされないし、動画も見れないという始末。
見れたとしてもものすごい時間かかるんです。
3GBじゃやはり足りないのかなあ。充分だと思ったんですが。
MVNOだと通勤時間帯やお昼時、人混みでは遅くなると聞いていたものの、さほどの不自由ではなかったんですよね。
ただ、池袋サンシャインの地下の辺りは全く使えなかったです。

というか、私そんなにスマホ使ってたんだなあという感じで。
動画はほとんど見ないし、家ではパソコン使用してるのでそんなに使わないと思ってたんですが。

最近は、Twitterでタイタン社長の太田光代さんが飼ってる猫の工藤ちゃんを見るのが好きでして。
産まれて数日の時に事務所のタレントさんが拾ってきたのを社長が引き取って世話をしたそうです。
先代のミニモちゃんが24歳で亡くなって、やはり小さい時から育てたようなので、慣れてらっしゃったんですね。
ミニモちゃんもお風呂好きだったようですが、工藤ちゃんは泳ぐほど好きなようです。
家の子はお風呂なんてとても無理なので羨ましいです。
どうやったらそんなお風呂好きに育つんでしょうね。
a0312665_08213453.jpg

ところで、BlackberryといえばPRIVがビックカメラでも販売された模様。
実機見てみたい〜。ビックカメラ行く予定ない‥
見たら欲しくなるでしょうけど。
今現在9万ちょっとだそうで、まあ高いですな。PC買える位の値段だし。
スペックの割に値段が高すぎるから売れないんですよね、Blackberry 。
もっと値段下げれば売れると思うけどな。もう過去の栄光とかプライド捨ててさあ。
どう考えてもIPhoneには太刀打ち出来ないし、全てにおいて低スペックなのはBBユーザーだってわかってますから。
それでもあえて使ってるんです。私もIPhoneにしようと思ったけど、Passportを発売してくれたから無理してキャリアを半分捨ててMVNOにしたんですから。
単に皆と同じ物持ちたくないだけなんですけどね。


今日から4月。
気持ちのいい気候になりましたが、暖かくなると困ることも多々あります。
こないだ電車で座っていたのですが、隣のご婦人の腕に茶色い物体が…なんか動いてる。
動きですぐわかりましたよ、ゴキブリが(T_T)
もう血の気引く思いですぐ席立ちました。
周囲に変な目で見られましたが、怖かったんですもん。
ゴキブリだけは本当にダメで毎年夏になって姿見かけるとノイローゼ気味になります。
本当にあれだけは無理。
ご婦人は同じ駅で降りましたが、様子を見てみるとコートの上を優雅に散歩してました。
ああいう場合は教えたほうがいいのでしょうか。
とても言えませんでした。
友人に言ったら「ペットなんじゃない?」と。。確かに懐いてたわね(苦笑)

自分だったらどうしよう、電車に乗るのも気が抜けないですね。
暖かくなるにつれ、恐怖と戦わなくちゃなりませんね。



[PR]
by tabbythecat | 2016-04-01 17:57 | 独り言



猫と仕事と趣味のお話し