ペットシッターブログ

愛のむきだし

ずーっと見たいと思ってたんですが、4時間近くあるのでなかなか見れなかった「愛のむきだし」
GYAOで無料動画があったので、やっとこ見れました。
原案・脚本・監督が園子温。
この監督だから一筋縄ではいかないストーリーと思いましたが、面白かった!

2日間に分けて見ました。
最初からテンポも良く、割とコミカルなシーンも多いので楽しんで見れました。
主役はAAAの西島隆弘君。
あまりよく知らなかったんですが、彼がすごく良かった。
顔立ちがいいですね。
爽やかイケメンなんだけど、唇が分厚くてぼてっとしてて目が大きいのに一重瞼な所が良いです。モテ顔ですね、所謂。
女性陣は、満島ひかりと安藤サクラ。
2人とも今ではすっかり演技派女優ですが、この時からいい味出してます。
満島ひかり可愛かった~。

園子温は最近普通の映画を撮るようになったので、あまり面白くなくなっちゃったんだけど、やはりこういうテイストの方が断然いいです。
そういえばエンドクレジットに綾野剛があったな。
9年前だからまだ無名の頃でしょうか。全然気づかなったけど。
a0312665_22012133.jpg

週末に妹がやってきたのですが、タビーがとても悪猫でした。

いつも隠れるか、出てきたらキャットタワーのてっぺんに登って見ているかなのに、今回は妙に近づいてまして。
笑ってる声に反応したのか「ウー」と軽く唸った後、近づいてたので手を出さないか心配で私が間に入ると怒りだしました。
「ウウー」と本気の猫パンチしだして、服の上からでも跡ついた・・・
a0312665_22021850.jpg
猫の怒りの沸点がイマイチわからない時がありまして。
時々、友達が来た時なんかでも大きい声で笑ったりするとビックリしてか「ウー」と警戒する事があったり。
それでも手は出さないんですけどね。今回はなんだろ。
私が間に入ってきて手出したのがいけなかったのかな。
とにかく私以外の人に怪我させるような事は絶対嫌だったので、こういう事があると凹む・・・
性格もあるけれど、実家のチップなんておっとりのんびりな子なのになあ。
お正月に人が沢山来た時も物怖じせずに出てきて、皆に触られても平気。
自分の子はこういう風に育って欲しかったのに😢

爪を全然切れてなくて、かなり痛かったので昨日は罰として爪切りの刑でした。
どんなに嫌がっても押さえつけてほぼ全部切れました。
最後の方は怒り出して「シャー」が出ましたけど。
そもそも飼い主に向かってシャーとは何事だ!?
可愛いけど、猫って一筋縄ではいかない。わからない事が多いです。

来月は1週間、友人にお世話をお願いするので何もないといいけれど。
いつも見てくれているし、慣れているので大丈夫みたいですが。
妹に一度お願いした時も、そばに寄ってきて比較的大丈夫そうでしたが、最終日に触ったら「シャー」と言われたと・・・
お世話してくれるんだし、私の信頼する人たちなんだからと言い聞かせてはいるのですが、伝わらないかしら。
a0312665_22032725.jpg


[PR]
# by tabbythecat | 2017-02-12 22:03 | 映画

沈黙-SILENCE-

今月末はついに「ラ・ラ・ランド」が公開されます!
主役のライアン・ゴズリングが監督と共にひっそり来日してました。
全くノーマークで、TVで知ってビックリ。空港まで行きたかった~。
とはいえ、来日情報は知ってても実際に空港で会えた人はいなかったようです。
配給会社が事前に情報教えてくれるはずだけど(宣伝のため)今回はなかったのかな。
ライアン自身が望んでなかったのか、日本での知名度がまだ低いっていうのもあるし。
周囲でも彼を知ってる人がほとんどいなくて、映画好きな人でも知らないもんなんですね。
世界的にはかなり有名なんだけどな。
でも、プレミアで会えて写真撮ってもらったりした人はいたみたいです。
ライアンカッコいいですよね。カッコいいって言葉がしっくり合う人。
イケメンはブラッドリー・クーパー。
綺麗はデイン・デハーン。
可愛いは星野源(笑)

今、何気に見たい映画がちらほらあるんですが、どれも「ラ・ラ・ランド」のようにモーレツに見たい!!って感じじゃなくて、DVDでもいいかなー位だったんです。
直前まで「マギーズ・プラン」を見ようかと思ったんですが、イーサン・ホーク出てるし。
それとも同じくイーサンの「マグニフィセント・セブン」にしようか、ジョセフ・ゴードン・レヴィットの「スノーデン」にするか。
悩んだ末、結局「沈黙‐SILENCE‐」を見に行きました。

なんせマーティン・スコセッシですから長尺。
しかも遠藤周作が原作という事で、気軽に見れない感じで躊躇してしまってたんですが。
有楽町のスカラ座にて。
いやー、良かったです。映画館で見て正解だった。

3時間近くあるので、内容からしても眠くならないかなど心配でしたが全くそんな事なく、見ごたえある作品でした。
とにかくテーマが重く、かなり重厚なので気合入れて見ないといけない作品です。
しかし決して難解な映画ではないし、信仰とは何か深く考えさせられる映画でした。

私は無宗教で無信仰なので、イマイチ理解出来ない部分もあります。
あそこまで純粋に何かを信仰する事、それで自身が救われるのであればとも思います。
まあ、私は疑り深くてひねくれているので、そこまで一途に信じなくても・・・と思ってしまいますが。
踏み絵にしても、形だけでも踏んどいて、心の中では信仰してればいいじゃないと思ってしまいました。
だってキリスト教を信仰してるってだけで、拷問にあうなんて当時の日本ひどすぎでしょ。

俳優陣は噂の通り、イッセー尾形がダントツで良い演技してました。賞取れるレベル。
窪塚君は、彼なりにキチジローを上手く演じていたものの、やはり美形が邪魔してるのね。
原作読んでませんが、キチジローはもっと醜悪な容姿の人のが合ってるって意見が多くて、窪塚君だとどうしても顔が整いすぎてて。。
小汚くしているんだけど、顔が綺麗だし、スタイルいいし顔小さいし(笑)
アンドリュー・ガーフィールドと同じ位の顔の大きさだよね。
ぼさぼさの長い髪もどことなくお洒落に見えたし。

日本人俳優では他に浅野忠信に加瀬亮などなど・・・
浅野さんは通訳の役でしたが、英語はほぼ完ぺきでした。
英語喋れるのかと思ったら意外にも出来ないと本人は言ってるのね。
クオーターだから出来るのかと思ったけど、本人が謙遜してるだけなのか、かなり練習したのかな。
加瀬亮がセリフほとんどなしの役だったのはちょっと・・・そんな扱い!?
確かネイティブ並みに喋れるんですよね。海外生活が長かったようで。
まあ、村人の役なので流暢な英語だったら逆におかしいですが。

後、EXILEの人が出てたらしいけど、踏み絵の時の役人だったかな。
顔がよくわからない。。。
EXILE軍団の皆さん、お願いだから演劇のほうに出ないでいただきたい。。。
揃いも揃って皆、大根の学芸会レベルなんですもん。見てて恥ずかしくなる。
何より作品の品質が落ちるのよね。台無しになるから。
大人しく踊っていればいいのです。それしか取柄ないんだから。
ってファンの方いたらすみません。
しかし、今回は皆オーデションしたって言ってたけど、まさかオーデションだったのかな。
それともレコ大の時にお金払ったとか言われてるけど、今回も??
まさかスコセッシったら!?
俳優のギャラがかなり高くて大変だったとは聞いてるけど、それを抑えるためだったのかしら。
スコセッシの映画なら俳優だったら何が何でも出たいでしょ。
そもそもEXILEが出て何になるのかわからないけど、顔すらわからないし。
演技するたびに世間に酷評されてるのにね。

って余談になりましたが、映画は本当に良い作品でずっしり重い考えさせられる映画ですが、ぜひ映画館で見るのをお薦めします。
映画終わってトイレに行く時に、シスターが2人いました。
こういう人達が見るとまた感傷深いものがあるんだろうなとしみじみ思ったり。
アンドリューもあんまり好きじゃなかったけど、今回は良かったです。


[PR]
# by tabbythecat | 2017-02-09 00:12 | 映画

猫のこと

たまには真面目に動物の話でもしましょう。

ペットシッターの仕事で一番依頼が多いのは、断然猫ちゃんです。
私が猫飼いというのもありますが、ワンちゃんの場合は散歩以外では預けるか連れていくという方が多いです。

猫ちゃんも色々な性格の子がいますが、
〇誰にでも人懐っこい子
〇人見知りで全く出てこない子
〇警戒して威嚇行動に出る子

大きく分けるとこんな感じでしょうか。
打ち合わせ時で大体把握がつくのですが、まず人懐っこい子。
最初からスリスリ・人大好きオーラが出てて、お世話に伺った際も甘えん坊ですり寄ってきます。

人見知りな子。
打ち合わせ時に隠れて出てこないような子は、伺った時も最初から最後まで出てきません。
たまに逃げてる時に一瞬体の一部が見える位で、幻の猫と化している子が多い。
こういう子は無理に探そうとせず、ごはんが減っていてトイレをきちんとしていればOKです。
怖くて怖くて仕方ないと思うので、無理に探す事もあえてしません。

その人見知りな子でも、何回か伺う内に人恋しくなって、べたべたになる子もいます。
そんな子は元々人懐っこい子よりも甘えん坊さんになります。
こういう子はすごく可愛いです。
飼い主様か私にしか慣れていない場合が多いので。

最後に警戒し威嚇モードになる子。
打ち合わせ時は比較的出てくる子が多いです。
人懐っこい子に比べて、どちらかというとチェックしているような感じです。
ニオイを嗅いでじっと見て確認するような仕草を見せます。

飼い主様不在の際はやはり警戒モードに変身?します。
玄関を開けた際から威嚇のシャーが出ます。
なるべく刺激しないようにしばらく動かずにいたり、ゆっくりゆっくり動いて落ち着くまで待ちます。
それでも猫パンチが出る時もあります。怖いです、正直。

警戒する子は、2回目位までは確認の為出てくるのですが、それ以降は何故か出てこなくなるパターンが多いです。
恐らくどんな人物が来たのか、どんな行動に出るのかチェックして大体把握したらわざわざ出てくる必要はないと感じるのでしょうか。
警戒する子も本当は怖いから威嚇に出ている事が多いので、私の行動パターンがわかったら不必要に出ていくのは止めようと思うのでしょう。

家のタビーは人見知りで出てこない時があったり、何度か会っている人は出てきて近くにいたりするようです。
a0312665_22415173.jpg


実家のチップは物怖じせず、誰が来てもそばに寄っていく子です。
a0312665_22254457.jpg

[PR]
# by tabbythecat | 2017-02-01 22:26 | ペットシッター

TPP終了~

トランプが大統領に就任しましたが、早速TPPから永久に離脱表明。
仕事早っ。さすがビジネスマンですね。
良かった、これでTPPは終わったも同然です。
TPPに賛成してた人なんてそもそもいました?日本終了みたいなものなんですから。

私は一番不安だったのが、医療の分野。
国民皆保険を廃止させて、アメリカの民間の医療保険がどんどん入ってくるのではと危惧されていたからです。
ご存じのとおり、アメリカの医療費はバカ高くて、盲腸の手術にウン千万とかの世界です。
アメリカがTPPに参入してくればそういう世界になっていたかも。。。恐ろしいです。

詳しくは他サイトから抜粋↓(サルでもわかるTPPより)

TPP交渉への参加に日本政府が興味を示し始めたころ、「日本の国民皆保険制度が、非関税障壁としてアメリカから撤廃を要求されるのではないか」というおそれがあった。

アメリカは医療保険を日本に売り込みたい。でも、国民皆保険制度があると、民間の保険なんて特に必要なくて、あまり売れないからだ。

でも、それに対する世論の反発が強まると、アメリカはすぐにその要求を引っ込めて「大丈夫。国民皆保険制度をなくせなんて言わないから」と言い出した。

その代わり、日本の国民皆保険制度を使って、アメリカの高い薬をどんどん承認させ、どんどん使わせて儲けよう、というふうに方針を転換したようだ。


現在の日本では、薬の値段は厚生労働省の諮問機関である中央社会保険医療審議会(中医協)で議論され、最終的には厚労大臣が決めることになっている。

この審議会で「利害関係者」である製薬業界の人間が「意見提出」するための機会を与えよ、というんだ。

日本の現在のシステムでは、薬の値段は定期的に見直され、段々に値下げされていくようになっている。

しかし、アメリカでは薬の値段は製薬会社が勝手に決めることができる。製薬業界の人間にとっては薬の値段は高いほうがいいに決まっている。しかも、アメリカの製薬会社は特に強欲で、節度というものを知らないかのようだ。

ついこの間も、アメリカでエイズ治療薬が一挙に55倍も値上がりしたという事件があった。


だから、アメリカの製薬会社の人間が、日本の薬価決定の過程に口出しをするようになれば、日本の薬の値段もどんどんと上がってしまうおそれが高いんだ。

TPPでは協定の本文以外の附属文書が結構重要だ。下記の文書のさりげない文言は大きな破壊力を秘めている。

規制改革について外国投資家の意見を求め、それを規制改革会議に付託するというんだ。これによって、ありとあらゆる規制が、外国投資家の都合のいいように“改革”(実際は改悪)されてしまう可能性がある。

たとえば、株式会社を病院経営に参入させろ、という要求も起こってくるだろう。


現在の日本では、病院を経営できるのは医療法人だけ。医療法人の目的は憲法で保障された生存権を守ることだ。しかし、株式会社ではまったく異なり、その目的は利益の追求だ。

利益の追求が目的になると、患者の福祉とは正反対の方向に努力が注がれるようになりがちだ。たとえば、同じ地域のライバル病院をつぶすための工作を行ったり、患者を継続的に病院に通わせるために、わざと治らないように薬を処方したり、といった医療従事者としてあるまじき行為も行われるようになってくる。アメリカ映画『医原死―死の医療ビジネス』(2011)では、元看護師さんがそんな行為を実際に告白している場面がある。アメリカでは株式会社式の病院の方が、患者の死亡率が高いというデータもあるんだよ。


利益の追求を第一に考える組織にとって、患者の健康や福祉は二の次なんだ。そんな病院にかかりたくはないものだね。


本当に上記のような世界になっていたら末恐ろしい・・・・

アメリカがTPP離脱してくれたおかげで、安心して病院行けますね。


その他、遺伝子組み換え食品が大量に入ってくるとか食の安全性とか沢山ありました。

そもそもTPPは弱小国同士が仲良くやっていきましょうと始まったものだったのに、アメリカがいきなり参加表明しだして、日本も巻き込まれたようなもの。


トランプは今後どう転がっていくかわからないけれど、TPPに関しては本当に良かったと思います。

ヒラリーに関しては軍需産業から献金受けていたという点からも、戦争起こす気満々と言われてましたから、戦争屋よりは不動産屋のがマシなんじゃないかって話もありましたし。



というわけで、Twitterのフォローからジョン・レグイザモは外しました(笑)

いや、他国の大統領の事だし特に支持もしてないけど、トランプ嫌いなツイートしすぎなんですもん。

タイムラインがレグイザモだらけでうんざりしてきたので。

役者としては好きですけど。




[PR]
# by tabbythecat | 2017-01-25 23:14 | 独り言

アントマンBD買いました。

ようやくアントマンのBDを購入しましたー。
a0312665_22480104.jpg

発売日から1年たちましたが・・・
1年たっても値下げせず。さすがマーベル。
まだ見てませんが、コメンタリーと特典が見たかったので楽しみ。


今年初の映画は「ソーセージパーティー」でしたが、DVDは結構見てます。
「キャロル」「ゴーストバスターズ」「デッドプール」「マイインターン」

「マイインターン」が一番良かったです。
歳の離れた男女の友情で、とても心が温まる良い作品でした。
アン・ハサウェイ、綺麗で可愛かったです。しかし泣き顔は不細工で好感度UP。
顔くしゃくしゃにして思いっきり泣くところが良い。
ロバート・デ・ニーロはすっかり気のいいお爺ちゃんになってきました。
とても素敵な映画でした。

他はそんなに心揺さぶられなかったかな。
「デッドプール」はまあマーベル作品にしては、ちょいお下品でグロイシーンもあります。
アクションも面白いけれど、これ子供は見れないなあなんて思いながら見てました。
ライアン・レイノルズの顔をようやく覚えたけど、この人女性遍歴がかなり華麗なのね。
現在の奥様はブレイク・ライブリー!
バツイチでよくあんな美人で若い奥さんゲットできたな・・・
しかも過去にアラニス・モリセットと婚約・解消してて、その後結婚したのがスカーレット・ヨハンソンだなんて!!
すごいメンツですね。

「キャロル」
女性同士の愛の物語。評価は高いようだけど、これって男女の恋愛ものにしたらどうってことないお話で。
ケイト・ブランシェットは上手いし、貫禄があって素敵なんですけどね。
レビュー見てると、ケイトの背中がとにかく逞しいと絶賛でした。
華奢に見えるけど、相当鍛えているんですね。筋肉すごかったです。
内容は取り立てていいとは思わなかったけれど、レビュー評価は総じて高いです。

最後に「ゴーストバスターズ」
昔の作品が好きだったのでイマイチ乗れなかった。
今回は女性が主人公ですが、またクリスティン・ウィグが出てます。
コメディにクリスティンが出てるのはもう常識みたいになってますが。
昔のキャストがカメオ出演してて、そこら辺は楽しいです。

「沈黙」が公開されましたが、見に行くか微妙。。。
マーティン・スコセッシだから長丁場だし、内容が如何せん難解そうで。
窪塚君のハリウッド・デビュー作だし、見たい気もしますが。

「ラ・ラ・ランド」は見に行きます!!
ライアン・ゴズリングだし。こないだのゴールデン・グローブ賞でも総なめだったようですし。
監督が「セッション」の人なんですね。まだ若いのにすごい才能の持ち主だあ。
これは期待大。アカデミー賞の方も有力でしょうな。

毎日寒いであります。Byタビー
a0312665_22502057.jpg
a0312665_22523036.jpg

[PR]
# by tabbythecat | 2017-01-22 22:53 | 映画



猫と仕事と趣味のお話し