ペットシッターブログ

暇な週末でした

ゴールデン・ウィーク前の今、お仕事も少なく暇な時期です。
週末誰か誘ってどこかに行こうかと考えていたのですが、天気は荒れ模様との予報。
結局人を誘う気力も無くなって、家で豚の角煮なんて作ってました。
しかし今日は、朝雨が降っていただけでその後は晴れ間ものぞいたりと荒れた天気にはならず。。
友達が新宿行く用があるから、ご飯でもってせっかく誘ってくれたのにお断りしてしまいました。
ごめんよ・・・、
この歳だと誘ってくれる人も限られてくるし、人付き合いも限られてくるし、なかなか新しく交友関係を広げる事も難しくなります。

お仕事をやっていく上で少しずつ自分を変えていかなくてはと思っていたのですが、私は本来はすごく人見知りでして。
人見知りというと、最近は甘えてるだとか叩かれてしまうのであんまり大きい声で言えないんですが。
ペットシッターとはいえ飼い主様あっての仕事ですし、初めて打ち合わせしてお会いする方も沢山いらっしゃるので、少しずつ克服していって今があります。
誰とでもフランクに話せると思われる事があるけれど、実際はそんな事もなくて、プライベートでは限られた付き合いしかありませんし。
ただ、少し歳をとってきたという事もあり(笑)最近は図々しくなってきたのかもしれません。

こないだ鑑賞した「ヴァレリアン」
デイン・デハーンがミスキャストじゃないかとか、主役の器じゃないとかオーラがないとか、若く見えすぎて役と合わないとか、そういう感想が多かった・・・・
ひどいわ( ノД`)
こんなに笑顔がキュートなのに。
a0312665_22543643.jpg
めっちゃ笑ってるし。
私はデインの顔しか見ていなかったので、ミスキャストとか全く考えなかったけど。
まあ確かに、主役というより3番手位の役で、主役を食ってしまうって感じがデインのいつもの映画のパターンですね。
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」とか「アメスパ2」とか。
「クロニクル」は主演だけど、屈折した役なので本人の見た目と合っていたし。

演技力はある俳優さんなので、今後はそれを活かした役をどんどんやっていって欲しいです。
こういうSF映画の主人公みたいなのは、彼には合わないのかなあ・・・
こういうのはトム・クルーズとか華のある俳優さんに任せておけばいいのかもしれません。
デインにはもっとキャラに合う役の映画に出て欲しいですし。
「チューリップ・フィーバー」は日本公開はまだだけど、こちらはかなりの問題作らしく。
予告見るとかなりセクシーなんですが、デインったらそんな事!?
奥さん怒らないの!?焼きもちやかないの!?と心配になるけれど、きっと自分に自信ある人は嫉妬とかしないんですよね。
公開いつだろ、演技と佇まいを見るのが楽しい俳優さんなので、今後も目が離せないのです。


[PR]
# by tabbythecat | 2018-04-15 23:21 | 独り言

ヴァレリアン

先日オープンした「ミッドタウン日比谷」内にあるTOHOシネマズへ行って来ました。
「ヴァレリアン」を見て来ましたよー。
今日は暑かった。そして、人が多かった。
シネコンタイプの映画館です。あんまり好きじゃないんだけど、シネコン。
日比谷の街にも合わない気がして。

しかし、平日なのにすごい人人人。。。
全てがお洒落な感じでしたが、銀座SIXに似た感じかなあ。
飲食店が非常に充実してて、入りたくなるようなお店が沢山ありました。
その中でミートボールのお店が手頃だったので、お昼ご飯にしました。
値段は良心的で、量と味はまあ普通かな。特別美味しいわけでもなく・・・

B1Fにあるカフェの日比谷店限定パフェというのが食べてみたくて、2300円もするんですがー。
今度誰か誘って行こうかな。2300円のパフェ一緒に食べてくれる人いるかなあ。

映画館の方は、すごく見やすい席でした。全体的に斜めに上がっている席なので、どこも見やすいんじゃないかなあ。

映画は、正直退屈だった・・・・
というのも私はSF映画が好きでなくて。
「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」も相当退屈だったし、「ブレードランナー2049」も意味わからなかった。
今回リュック・ベッソンで、あんまり好きじゃない監督だし。
「レオン」は良かったけど、その他は微妙。ロリコンだし、この人。

ともかく今回はデイン・デハーンを見たかっただけ。
出だしからデインが可愛い~
お顔の割に低い声も健在で、今回は黒髪に染めて前髪もありでキュートさ満点でした。
お相手のカーラも可愛かった。
確か彼女は同性愛者だったと思いますが。最近パリス・ジャクソンと写真撮られてた気が。。

今回のデインは若干チャラい役で、いつもの陰のある青年とは正反対なんだけど、そんな彼も似合ってたし良かったなあ。
カーラと並ぶとお似合いで、正直奥さんのアナ・ウッドより似合ってた。
奥さん年上だし、デインが若く見えますからね。

ビックリしたのがイーサン・ホークの扱い。
出演してるのは知っていたけど、イーサンの無駄使いにも程がある。
あんな役よく引き受けたなって位のしょぼい役でした。
特別出演ならわかるけど、そうじゃないのよね。
リアーナはセクシーで踊りもカッコよかったけれど。

あまり話題にもなってないけれど、本国でも大コケだったみたいですね。
せっかくデインが主役なのにな。
ともかくデインとカーラが可愛くて目の保養にはなりました。

そういえば、日比谷界隈では見た事なかったカルディがミッドタウン日比谷に出店してました。
カルディ限定の「ミレービスケット」を購入。
高知県のお菓子ですが、最近はどこでも買えるようになりました。
美味しいんですよ。「真面目なお菓子」とか書いてあるけど、何が真面目なんでしょうか。
添加物とか余計な物入ってないからか?
そもそも不真面目なお菓子なんてあるのか?夜のお菓子うなぎパイか?

あ、カルディ限定のやつは微妙に味が薄い感じがしたんです。
塩味がちょっと薄いかな。
それと、パン屋さんでいくつかパン購入。
クロワッサン美味しかった~。
そういえばシャンテの中も新しくパン屋さん出来てました。今度行ってみたいと思います。

ミッドタウンはしばらく混んでるだろうから、銀座SIXがそろそろ空いてきてる頃ですかね。
今度は銀座SIXのお店入ってみたいと思います。





[PR]
# by tabbythecat | 2018-04-04 23:24 | 映画

アクアマリンのままでいて

先日TVを見ていたら、水野真紀さんが大ファンという事で、懐かしのカルロス・トシキが出てました。何故か下赤塚にいた・・・
水野真紀さんはカルロスが来日した際のライブには全て行っているらしく、本人を目の前にして「腰が砕けそう・・」と言ってました。
なんかとても可愛い人だなあと思ってしまった。
確か議員さんと結婚されたので、セレブな感じなのかと思ってたら憧れの人を目の前にして少女のように可愛らしかったです。
幾つになってもこういう気持ちを持ってる人って素敵だと思います。

カルロスを見てたのは中学生の時で、友達で1人好きな子がいた位で私は特にファンでもありませんでした。
カルロスと言えば「君は1000%」ですが、私は「アクアマリンのままでいて」が好きだったのを思い出した!!
YouTubeで探して見てたら、この歌ってW浅野の「抱きしめたい」の主題歌だったんですよね。
このドラマ大好きで、当時浅野温子は皆の憧れだった。
髪の毛さらっさらで、綺麗でチャーミングで・・・・こんなにチャーミングって言葉が似合う女性いないって位の人。
動画見てたら涙出てきました。あまりに懐かしくて。


このオープニングで浅野温子が水着の胸の所クイクイって上げる所と、タバコくわえてる所がすごく好き。
W浅野は本当に綺麗でかっこよくてセクシーだった。
今の若い女優なんて比べ物にならない位魅力的だったなあ。
今は痛いおじさんだけど、この頃の石田純一もすごく素敵だったんですよ。
今はドラマなんて全く見ないけど、昔のドラマはどれも面白かったなあ。

で、この歌の歌詞が良くて、若干意味わからない所がまた良いのです。
私が好きなフレーズが

キスが上手くなるたびに
君は君を傷つけてる

通り過ぎる男たちで
きらめいてゆく女(人)
せめて僕を殺す時だけ
アクアマリンのままでいい~♪

カルロスって母性本能をくすぐる究極なタイプだそうですね。
ブラジル出身って事で日本語がたどたどしくて、黒目がやたらとキラッキラしてる所とか。
まあ、当時中学生の私に母性なんて芽生えてなかったので、何とも思いませんでしたけど。

で、今のカルロスはあのまま年をとった感じで澄んだ瞳は変わりませんでした。
しかしちょっと前の映像を見ると、あれ??カルロス頭髪が・・・
最近はふさふさになってるので、植毛でもしたのでしょうか。ヅラかしら。
いや、ヅラ感はなかったので植毛か。
なんでそんな若返ってるんだ。
水野真紀さん、頭髪あるカルロスに会えてよかったね。



[PR]
# by tabbythecat | 2018-03-28 22:10 | 独り言

お彼岸と諸々

ようやく暖かくなり、春らしい陽気になってきました。
去年の今頃ラスベガス行ってたんですよねえ。ああ、やはり行きたい。
毎年行きたい。。。パスポート取りに行かねば。

土日はお仕事が入る事が多く、何もない時はお友達とどこかに行ったり、朝晩の仕事の時は空いた時間でお昼を食べに行ったりしています。
今週末は2日とも家族で過ごす日でした。

土曜日は妹とお彼岸の墓参り。
a0312665_15323877.jpg
帰りにデニーズでランチ。
チーズハンバーグ美味しそう~と同じものを注文。
ファミレスな味で写真と若干違ってた。

道を歩けばどこも桜が綺麗に咲いてます。
お散歩するのに丁度いい季節。

今日は、家族で向かいにあるくら寿司でランチ。
甥が4月から栃木の高校に行くので、その前に皆でご飯でもと言う事に。
甥の誕生日が今月なので、この間銀座に行った時に見かけたデコチョコでアレンジしたプレゼントをあげました。
a0312665_15453945.jpg
これ、プレゼントに最適です。選んでる間も楽しいし。
甥は小さい時は人見知りを全くせず、愛想のいい子でした。
中学生位から思春期のせいか口数が減り、あまり多くを語らない子になりましたが。
それでも道を外す事もなく、甥も姪も本当にまっすぐないい子に育ちました。
妹の教育が良かったんだと身内ながらに思います。
高校も推薦をもらえて、受験の苦労もせず、親孝行な息子です。
栃木ではサッカーに明け暮れる日々を過ごす事でしょう。

あんなに小さかった子たちがあっと言う間に成長しました。
2人とも自慢の甥・姪です。
一番の自慢はタビーです。
a0312665_15224044.jpg
世界一可愛いです157.png

[PR]
# by tabbythecat | 2018-03-25 15:22

シェイプ・オブ・ウォーター

ネットニュース見てたら、リュック・ベッソンが来日してる!?
「ヴァレリアン」の宣伝の為に!!
って事はデイン・デハーンも来てたりする!?
と思ったけど、どうやらデインの来日はなさそうです。
最近のデインは、ティーンの役はさすがに出来なくなったか年相応の役が多いですが、イマイチ伸び悩んでいる感じ・・・・
少年の頃の危うさとか屈折した雰囲気がとても魅力的だったので、それが抜けちゃうと普通の青年になってしまうんですね。
最近DVDで見た「キュア」もイマイチ内容もパッとしないしデインもそれ程でした。

しかし!今月末から公開される「ヴァレリアン」のデインは予告見てるだけでもとても素敵。
髪を黒にして少し若返ったか、すごくキュートです!


という事で、先日「シェイプ・オブ・ウォーター」見てきました。
本年度アカデミー賞作品賞受賞。
予告でこの映画を知ったときは、さほど面白そうとは思わずノーマークでした。
何となくシャマラン監督の「レディ・イン・ウォーター」みたいな感じかな?と題名だけで判断してました。
そんな事思ってたらいつの間にかアカデミーにノミネートしてて、作品賞まで取ったではないですか!
これは見なければ!と映画館へ。

感想ですが、悪くはないんだけど私は「スリー・ビルボード」の方が好きでした。
内容が濃いし、賞取るのに相応しいのは断然「スリー・ビルボード」だと思ったし。
「シェイプ・・」は、大人のおとぎ話というかファンタジーというか。。。
見ている間は素敵なお話しねえ・・・と思いながら見ていたのですが、ありきたりな内容だし、展開が読めてしまうし、最後はああなるんでしょとお決まりのラスト。

主役の女優さん(サリー・ホーキンズ)は勿論すごく良かったんですが、女優賞を取ったのはフランシス・マクドーマンドでしたね。相手が悪かったと思う。
フランシスでは太刀打ち出来ないでしょう。

ストーリーは本当によくある話で、レビュー読んでてハッとしたのが昔見た「スプラッシュ」に酷似していると。
トム・ハンクスとダリル・ハンナの映画ですが、男女が逆転しただけで確かに内容はそっくり。
ただ、映像とか描写は凝っていてこの監督の世界観が好きな人には面白いのかと思います。

ひとつ納得いかないのが猫がひどい目に遭う描写がありまして・・・
それが気に入らない原因のひとつ。

去年も「ラ・ラ・ランド」の方が「ムーンライト」より遥かに良かったと思ったけど、今年も同じ。まだ作品賞ノミネートされたのは2本しか見てませんが。
そもそも「ムーンライト」はゲイの黒人が主人公だし、「シェイプ・オブ・ウォーター」の主人公も口が聞けない女性で彼女の周りもゲイや黒人とマイノリティばかり。
恋に落ちるのも異形の半魚人だし。。。

トランプ政権になってから、マイノリティを描いている映画に賞あげる傾向になっているんでしょうね。
ハリウッドは反トランプが多いし、ユダヤ系でないのも気に食わないのか。
アメリカの大統領ってユダヤ系でないとなれないって言われていたから、そうでないトランプは相当邪魔者なんでしょう。
娘婿はユダヤ系らしいから側近のバノンと合わないんでしょうが。
トランプさんって典型的なザ・アメリカ人だと思うんですが、そこら辺が自分たちの恥部だと思ってるんですかね。
反トランプがカッコいいみたいな風潮が私には気持ち悪く感じるんですが。
セレブに関しては同族嫌悪なんじゃないかと思いますけど。
そもそもオバマさんだって銃規制もしてないし、何もしない大統領って言われてたのに。

話反れましたが、「ラ・ラ・ランド」や「スリー・ビルボード」のような白人が主人公の映画は賞取るのは難しい時代なようです。
来月は「ヴァレリアン」でデイン・デハーンを堪能してきます。


[PR]
# by tabbythecat | 2018-03-18 21:25 | 映画



猫と仕事と趣味のお話し