ペットシッターブログ

ツインピークス リターンズ 1話~3話鑑賞

Blackberry Key2が今夏発売!だそうです。
一瞬冗談かとおもったら、真面目に出るんですね、Blackberry。
しかし、外観はKey Oneとほぼ変わりません。
Keyboardが少し大きくなってるようですが、他はほとんど一緒。
今のKey Oneダメになったら替えようかと思いますが、家にはまだPassportが健在で、Wi-Fiで使えています。
9900に至っては電話のみの使用ですが、かれこれ6年は持ってる。
Blackberryは使い勝手悪いとは言われてますが、品質は非常に良いと思います。

「ツインピークス リターンズ」第1話~3話まで見ました。
冒頭から、リンチ節炸裂って感じの映像オンパレードです。
前作は割とほのぼのした感じのエピソードもありましたが、リターンズの方は3話までとにかく意味不明な映像ばかり。
クーパー捜査官が悪になって何故か長髪に革ジャン着て登場してます。
前作のキャストも健在で、25年たってるので皆老けたなあなんて思いつつ、アンディとルーシーの仲良し夫婦にホッとしたり。(アンディお腹出すぎ)
丸太おばさんを演じた女優さんは亡くなっているけど、撮影には間に合ったそうで、鼻にチューブ通した痛々しい姿で出ています。
旧キャストの女優陣は皆美人ぞろいでしたが、私は個人的にシェリーが一番好きな顔でした。
で、そのシェリーですが、太ってた・・・・
仕方ないけれど。40後半ともなれば。

3話に関しては、最初の15分位ほとんどセリフがなく意味不明な映像が延々と続きます。
裕木奈江さんが出てきました。
彼女はすっかりリンチ作品の常連ですね。

前作を見ている人以外は見ないとは思いますが、今作はリンチ作品の要素がかなり詰まってます。
所々で「マルホランド・ドライブ」だったり「イレイザー・ヘッド」だったり「インランド・エンパイア」だったり・・・

とりあえずリンチ監督の世界観が好きだったらついていけますが、そうじゃない場合は結構キツイかも。
今の所は私も意味不明で???な感じですが、クーパー役のカイル・マクラクランお勧めの8話を期待したいと思います。

[PR]
# by tabbythecat | 2018-06-12 22:30 | 独り言

梅雨入りです。

梅雨に入りました。ジメジメな嫌な季節ですね。

心が折れてしまいそうな近頃でしたが、切り替え切り替え。
若くもないのに痛いと言われてしまう・・・実際言われてるし。
意外と落ち込む事もあるんです。

昨日は、早速の雨でしたが朝からワンちゃんのお散歩。
その後にフェレットちゃんのお世話。生後2か月の子がいて、もう可愛いのなんのって。
フェレットは本当に可愛い。

お世話後は鍵のお預かりで、飼い主様宅に3件回ってきました。
楽しくお話しさせていただき、いつもありがとうございます。
私の誕生日12月19日が、知り合いのお金持ちの方数名と一緒で~との事をお聞きしました。
えー、今は全然程遠いですが、いつか私も仲間入り出来るのでしょうか・・・

最近は成功してる女性も増えましたが、男性と比べてやはり女性が富を得るのって、財のある方を伴侶にするのが手っ取り早い方法でしょうか。
私にはその能力が全くなかったので、自分でコツコツやっていくしかないのですが。


某所で「ツインピークス リターンズ」全巻お借りしました!
これで嫌な季節&気分も乗り越えたいと思います。
久々のデヴィッド・リンチ。待望だったので、楽しみ過ぎて。。。
前作は全てのエピソードがリンチ監督ではなかったのですが、今回は全部監督してるようで。
リンチ・ワールド全開との噂を聞き、興奮してます。
しかし、リンチは気合入れて見ないと入っていけない時があるので、時間のある時に見ようと思います。
今回、モニカ・ベルッチもゲスト出演しているので超楽しみ。



[PR]
# by tabbythecat | 2018-06-07 21:55 | 独り言

ピーターラビット

先日、「ピーターラビット」まさかの吹替版で見に行っちゃいました。

というのも、友人と何か見に行こうという話になったんですが、友人チョイスで時間的に吹替版しかなかった事もあり、たまにはいいかなと。
人と映画を見に行く時、自分が見たいものと合わない事が多いので大抵一人で行ってます。
怖い映画はダメとか重い内容は嫌とか、一緒に見れるのって限られてしまうので。

今回は東武練馬にて。
吹替版という事で館内お子様連れが多かったです。

ピーターラビットって結構ダークな内容なんですよね。
お父さんがパイにされて食べられてしまったとか。
本作もブラックユーモアたっぷりで、テンポが良くて飽きさせない内容でした。
気楽に見れるし、面白い作品でした。

ピーターラビットの声は千葉雄大君なんですね。
全然気付かなかったと言うより、千葉雄大君の声をほとんど聞いた事ないので分かるわけないです。

来月あたりは「レディーバード」見に行こうかなあ・・・
そういえば日比谷シャンテの脇に新しく出来た中華屋さん、行ってみたいです。
お値段もリーズナブルらしく、並んでいるので暫くは混んでるのかなあ。


[PR]
# by tabbythecat | 2018-05-30 22:47 | 映画

BBQ

基本インドア派な私ですが(紫外線アレルギーだし)お誘いいただいて、初BBQへ行ってきました。
GW終了して、夏までは割と時間が空いているのでこういうお誘いは嬉しいです。
a0312665_22244940.jpg
初めて奥多摩の方面まで行って来ました。
車も出していただいて、色々ありがとうございました。
予報は雨だったけど、思いのほか晴れて丁度いい気候でした。
a0312665_22261895.jpg
久しぶりに会う人、初めて会う人もいらっしゃいましたが、とっても楽しかったのです。
a0312665_22275745.jpeg
釣りもしましたよ~。
そのまま魚も焼いて食べたのです。
自然の中で食べるとより美味しくて。
a0312665_22253759.jpg
時間が過ぎるのは早くてすぐに終了時間が近づいてきました。
締めのパッタイ。美味しかったのです。調理全部任せちゃったけど、全て美味でした。
a0312665_22265278.jpg
色々お話しも出来たし、日ごろの鬱憤も皆さん晴らせたかな。

運転お疲れ様でした。近くまでありがとうございました。
また皆さんで行きましょう。
今日来られなかった人も含めて次は車3台という事で。


[PR]
# by tabbythecat | 2018-05-19 22:36 | 独り言

君の名前で僕を呼んで

GWが終了し、一息ついた所で早速映画を見に行きました!
本年度アカデミー作品賞にもノミネートされた「君の名前で僕を呼んで」。
所謂ゲイの映画です、で脚本がジェームズ・アイヴォリー。
昔「モーリス」や「眺めのいい部屋」ヨーロッパ映画もよく見てました。

今回は日比谷のシネマズシャンテにて。
映画見る前に早めのお昼ご飯を、銀座SIXに行こうかと思ったけれど、シャンテからは少し遠いので近場にしました。
シャンテの地下2階にあるオーガニックレストランにて。
a0312665_20121359.jpg
ハーブチキンがなんたらかんたらってメニューに書いてあったのですが、チキンは本当に気持ち程度で野菜てんこ盛り。
奥にあったソースはアボカドか何かと思ったら、サラダのドレッシングでした。
店内は女性ばかりで隣に唯一男性が座っていました。
映画館もほぼ満席だったのですが、ほとんどが女性。
男性は見に行きずらいだろうなー。
特に男性2人とかだと、あらぬ疑いをかけられるだろうし。

しかし、男性同士で映画って見に行ったりするんでしょうか・・・・
大抵は彼女だったり女友達とか、一人だったりがほとんどだと思うけど。
友達と見に行くって聞くと、ああ女の子かなあって勘繰っちゃうけど。

つくづくお洒落なオーガニック系の食べ物はお腹はいっぱいにはなりません。
お洒落なレストランでお洒落な食べ物を食べる私を演出する為に入ったようなものですから(笑)

肝心の映画ですが、もうとにかく美しかった!!
主演の俳優2人といい、イタリアの風景といい、絵画を見ているような美しさでした。
エリオ役のティモシー・シャラメ君。アカデミー主演男優賞にノミネートされてたんですね。
初々しくて、華奢な体つきで綺麗なお顔の俳優さんでした。
お相手のオリヴァー役がアーミー・ハマー。
この人とマット・ボマーは誰が見てもTHE・イケメンな顔立ち。
イケメンな役しか出来ない人達ですよねえ。
ブラッドリー・クーパーあたりだとコメディもイケるけど、アーミー・ハマーとかは整いすぎてて難しそう。
顔も完璧だけど、プロフィール見て経歴も完璧すぎてビックリ。
曾祖父が石油王!で父親は会社をいくつも経営してて、身長196センチ!!
奥さん4つ年上って所も、なんか素敵。
年上を選ぶ男性って好感度上がるんですよね。

で、映画の設定でオリヴァーは24歳なんですが、とても見えなくて・・・・
34歳なら納得って思ってたら、実年齢31歳なんですね。
お相手のエリオは17歳に見えたけど、オリヴァーに身を任せている時はまるで女の子になってた。
2人とも綺麗だから彫刻を見てるような美しさで嫌らしさは感じませんでした。

最後の方でお父さんがエリオに語る言葉がグッときました。
ものすごい理解のある両親で、2人の仲に気づいてあえて一緒に旅行に行かせたり、息子を尊重しているのね。
「心と体はひとつしかないのだから、抑えることはない。」ってな事を言うんですが、もう泣きそうになってしまいました。なんていいお父さんなの!って。

この映画はゲイだから偏見を持たれるとかそういう描写は一切なく、そもそも2人とも彼女がいたりするんですよね。
全編ウットリで、ラストの方のシーンはウルウルきてしまい、すごくいい映画でした。
私は「シェイプ・オブ・ウォーター」よりもこちらのが断然良かったなあ。


[PR]
# by tabbythecat | 2018-05-17 22:09 | 映画



猫と仕事と趣味のお話し