ペットシッターブログ

カテゴリ:映画( 74 )

ボヘミアン・ラプソディー

とある日の久々の夜銀座。
a0312665_19463805.jpg
a0312665_19470905.jpg
ミッドタウン日比谷のイルミネーション綺麗でした。
a0312665_19473600.jpg
a0312665_19483747.jpg
12月1日は映画の日という事で、東武練馬にて「ボヘミアン・ラプソディー」観てきました!
観客層はやや高め…そしてほぼ満席でした。
10時の回だったんですが、夜の回まで残りわずかになってました。
リピーターも多いようですね。大盛況のようで。

良い席取れたのですが、普通のイオンシネマで観たせいか、この映画は音響良い所で見た方が絶対にいいと思いました。
まず、冒頭の20世紀FOXのロゴが出てくる所からしてカッコいい!!何、このアレンジ!?
そして、クイーンの曲って全てカッコいいですね!

残念に思ったのが、私はフレディ・マーキュリー以外のメンバーを知らなくて、どれだけ似てるかもわからなかった点。
全員かなり似ていたそうですね。
フレディ役の彼は素晴らしくて、アカデミーにノミネートされるんだろうなと思わせる納得の演技でした。
恐らく今回は、ブラッドリー・クーパーが監督賞ノミネートとレディー・ガガが主演女優賞でしょうけど。

映画の話に戻りますが、生前フレディは猫を沢山飼っていたそうで、猫も多数出演。
ゴロゴロが聞こえたりぐーぱーしてたり、子猫がひょっこり顔出したり。
ツアー中は電話口に1匹ずつ声を聞かせてもらってたり、きっと溺愛していたんだろうと思わせる描写があり。

そして、ラストのライブシーンはファンでなくてもゾクゾクする程カッコよくて、カメラアングルもいいんですよね。
本当にライブ会場にいるような感覚になります。

フレディ役の彼はとにかく顔のインパクトが強いのですが、仕草とかでかなり寄せていたのかな・・・
本物のフレディの映像をYouTubeで見たら、ロン毛から少し髪が短い、短髪になる前の雰囲気はサム・ロックウェルに似てるけど。
とにかくこの映画は映画館で、音響の良い所で観るのをお薦めします!

そして、映画後のランチ。
イオンが改装して、新しいレストランもオープンしてました。
ステーキとパンケーキのお店。
a0312665_19492344.jpg
a0312665_19490194.jpg
ひとつずつ頼んでシェアしたのですが、味はまあ普通。
席が割とゆったりしてて、隣と密着してないので、居心地が良かったです。
そして、レモン水とりんご蜂蜜黒酢、ジャスミンティーがセルフで飲み放題。
値段もお安めだし、味にこだわりなければいいかなと思いました。

今月はブラッドリー・クーパーが来日と、2月にライアン・ゴズリングの「ファースト・マン」公開で、ライアンも来日決定だそうです!
来年と思ったら、今月来るんじゃないかとの噂あり。
1月はシャマラン監督の「ミスター・ガラス」も公開で、楽しみな作品が続きます。
「アリー/スター誕生」は今月見れるかなあ・・・
後1回位は映画観たいし、プレミアは妹が応募してくれてるので当たらないかなあ・・・
レッドカーペット観に行きたいけど。



追記
[PR]
by tabbythecat | 2018-12-02 22:11 | 映画

チューリップ・フィーバー

恵比寿ガーデンシネマにて、「チューリップ・フィーバー」鑑賞。
今秋はポール・ラッドの「アントマン&ワスプ」とデイン・デハーンの今作を楽しみに生きてきました。(どんだけ楽しみないのでしょうか)
そういえば「ツインピークス リターン」全話見終えたんですが、リンチ色が強すぎて最初から最後まで意味不明でした。
マニアにはたまらない感じですが、ちょっとついていけなかった・・・・玄人向き過ぎ。
私も普通の感性の人間になってきたのだろうか。
歳だからなんだろうか・・・
ディビッド・リンチ、ツインピークスの世界観はとても好きですが。

お昼過ぎに恵比寿に到着。
「俺のベーカリー&カフェ」に入ろうかと思ったら、2組位待ってる人がいて混雑してる様子。
14時10分の回で間に合わないと困るので、他を探す事に。
結局新しくオープンしたっぽい、フレンチレストラン風のお店に入りました。
オリーブオイルを売りにしてるお店なのかな、ランチセットをとりあえず頼みましたが、量は若干少なめで女性向け。
これがいけなかったようで、私は映画の後再度「俺のベーカリー&カフェ」に入ってしまったのです。
結局、小倉あんのトーストなんてカロリー過多なもの頼んじゃいました。
これ、お腹いっぱいになる・・・・
a0312665_22595711.jpg
トーストの食べ比べもしてみたいし、銀座にも2店舗程あるみたいなので、今度の銀ブラで行ってみようかな。
いや、「BUVETTE」のタルトタタンかチョコレートムースも食べたいのですが。

肝心の映画の感想ですが、17世紀のオランダが舞台の不倫ものという事で、正直期待はしていなかったせいか面白かった!
何よりデイン・デハーンがそこにいるからなんですが、今回の彼は貧乏な画家の役。
ちょっと無精ひげ生えてます。童顔なので似合わない・・・・
それなりに大人びてきてはいますけど、ってもう32歳で妻子もある男性ですし。

お相手の女優さんは吉川ひなの似の若い可愛いお嬢さん。
「トゥームレイダー」の新しいヒロインなんですね、彼女。
調べたらもう30歳だった!見えない。。20代半ば位かと思った。
しかもマイケル•ファスベンダーと結婚してるのね。

孤児として修道院で育った貧しい娘が、お金持ちの中年男性にお金で買われるというどっかの芸能人にもいるようなお話。
夫が雇った若い画家と不倫関係に落ちていくのですが、そりゃあ修道院で周囲に若い男性もいないままオッサンと結婚したら、そうなるでしょうと。
しかもデイン・デハーンみたいな綺麗なお顔した青年が目の前にいたら、オッサンなんて裏切るわ(すいません)

初めはこの夫、親子程も離れた若い妻をお金で買うって気持ち悪いと嫌悪感沸くんですが、終盤に連れ気の毒になってくるんですよね。
裏切られた事を知っても怒り狂うとかでなく、自ら引いていくし。
話が二転三転していって、展開が非常に面白かったです。
予告見てると単なるセクシーな不倫ものかと思ったので。
この頃のオランダってチューリップが渡ってきたばかりの時で、球根が高値で取引されていたらしく。
チューリップ・バブルなるものがあったそうな。
a0312665_23001720.jpg
しかし、もっとセクシーさが売りの映画かと思っていたのですが、そうでもなく2人とも綺麗だからかいやらしさが全くないです。
「ヴァレリアン」繋がりでカーラも出てた。チョイ役でしたが。
今回のデインは濃厚なシーンも多くて、こんな可愛い女優さん相手で奥さんも大変だなあとつい思ってしまうのですが。
俳優さん同士ってそういうの割り切ってるんでしょうか。
お互いの信頼関係がきちんとしているんでしょうね。
奥さんと仲良しな所も含めてファンなのでついつい余計な事考えてしまう。

所々で笑えてコミカルなシーンも多く、ラストのデインはロン毛で「仮面の男」の時のレオに激似でした。
ポール・ラッドとデインの映画は暫くなさそうだけど、ブラッドリー・クーパーとライアン・ゴズリングは新作が控えているのでそちらも楽しみなのです。
ブラッドリー来日するかなあ・・・レディー・ガガと一緒に。
ライアンとデミアン・チャゼル監督の新作は楽しみですね。


[PR]
by tabbythecat | 2018-10-11 23:49 | 映画

アントマン&ワスプ/カメラを止めるな

9月に突入致しました。
9月1日は映画が¥1100という事で、東武練馬で2本立てで見に行きました。

当初は「アントマン&ワスプ」のみの予定だったのですが、一緒に行った妹が「カメラを止めるな」も見ようと言い出したので、急遽2本見る事に。

アントマンが11:25からで、カメラ~が14:35から。
間に1時間あったので、ランチはササっと済ませることにしました。

a0312665_21572040.jpg
劇場にあったパネル。
大好きなポール・ラッド。もう楽しみで楽しみで。
大きなスクリーンで彼を見るのは久しぶりって事もあり、3年たっても本当変わらないお姿で。
とにかくポール若い!!
トム・クルーズとか顔パンパンでボトックス打ちすぎだろって不自然極まりないけれど、ポールは自然で笑うとシワも出来るし、いつまでも変わらない人。

今回はワスプが主役?って言われてたので、アントマン脇に回っちゃうのかなあと思いきや、ちゃんと主役してました。
前作よりも、ポールの芸達者ぶりが発揮されていて、とにかく笑えて楽しかった!!
コメディ作品に多く出ていた人ですから、動きや表情や仕草で人を笑わせる事も出来る貴重なイケメン俳優です。

相変わらずのグリーンの瞳が綺麗で、娘ちゃんと無邪気に遊ぶ姿はとにかくキュートで萌えます。
49歳でおじさんだけど、SNS等では可愛いと女子に散々言われてます。
奥さんは地味な感じの方だけど、すごく愛妻家で子煩悩だし、変な噂も全くないクリーンな人です。
ポールだけは、ジョニー・デップやらトムやらブラピみたくフラフラ若い女にいったり、浮気してたりしないで欲しいと切に願ってます。

そういえば、すごく若い頃ジェニファー・アニストンと付き合ってたみたいですが、その後も何度も共演してるし友達として今も仲良しみたいです。
そんな人間性も優れた方で、余計ファンになっちゃいます。
マーベルの王道のアクションムービーですが、単純に面白くて笑えて、嫌な気分に全くならない楽しい作品でした!
そしてやはり続く~な感じのラストでして。
9月7日に「アントマン」がTV放送するようなので、未見の方は是非見て下さいね。

そして、お昼にサブウェイを食べてから「カメラを止めるな」を鑑賞。

色々書くとネタバレになるので控えますが、面白かったです!
お金のかかり方は「アントマン&ワスプ」と対極かと思いますが、よく出来た設定でとにかく笑えた。
監督の奥さんのある台詞がツボにはまってしまいまして、それ言う度に吹き出しそうになっちゃって。
ご覧になった方はわかると思いますが、未見の方は是非笑えるんで見て下さい。
評判がかなり良くて、異例の大ヒットだそうですね。

とにかく今回は2本とも面白くて満足でした。
今年は決定的に面白い作品がなかったけれど、2作品ともかなり良かったです。

久々タビーさん。
a0312665_09573982.jpg
a0312665_09585603.jpg
a0312665_10001597.jpg
全部寝姿のおっぴろげポーズでした。


[PR]
by tabbythecat | 2018-09-02 22:35 | 映画

万引き家族

先日、友人から映画に行こうと誘われ、またまた東武練馬。
そもそもイオンシネマで観たい映画なんてないんだけどな・・・
という事で付き合いで行って選んだ映画が「万引き家族」
これならまあ話題の作品だし、観たいかも。

感想ですが、良かったですよ。
とにかく役者が全員良い!!子役の2人に至るまで、皆上手かった。
リリーさんも樹木希林さんも当然上手いのですが、若手では松岡茉優さん。
この方、最近の若手女優の中では一番上手ですね。

そんな中、一番良かったのはやはり安藤サクラさん。
何見ても上手い人ですねー。
彼女のセリフにグッとくるものがあって・・・・
以下、ネタバレしますので未見の方はお引き取りを。
留置所にいる安藤サクラさんに、リリーさんと男の子が会いにいく場面でのセリフがグッときまして。
リリーさんは前科があるとの事で、全て自分がやったと彼女が罪を被るのですが謝るリリーさんに対して、
「楽しかったからいいよ、お釣りがくる位」というような事を言います。
なんて、いい女なの( ;∀;)と泣きそうに。

私だったら、全部人のせいにして私は悪くないもーんと言い張るけど。
あ、そんなんだからダメなのか。全然いい女じゃないわ。かといって悪い女でもないけど。

安藤サクラさん、私生活でもきっといい奥さん&いい女なんだろうなと思わせる雰囲気があります。
美人ではないけどなんか魅力がある人っていますよね。
こういう人モテるんだろうなー。なんか妙な色気がありますし。

映画館でチラシを見てたら、とある作品のチラシに
「デビッド・ドゥカブニーがアクション映画に出るのか。珍しい。」
と一人で思ってた所、よくよく見たらポール・ラッドじゃないこれは!!
「アントマン&ワスプ」でしたー。
a0312665_22175694.jpg
来月公開。マーベルなので、外れなしだと思うけどワクワク楽しみなのです。

とにかく今年は連日の猛暑日が続きます。エアコンフル回転。
明日あたりから少し気温下がるみたいですが。少しは雨も降ってもらわないと困るし。
皆さん、お部屋の温度にはくれぐれもご注意下さい。



[PR]
by tabbythecat | 2018-07-25 22:18 | 映画

レディー・バード

七夕の今日、タビーの便臭&嘔吐で目覚めた素敵な朝でした。
a0312665_22305945.jpg
先日、日比谷シャンテにて「レディー・バード」を見て来ました。
11時55分の回で、11時位に日比谷に着き映画の前にブランチでミッドタウン日比谷へ。
「カフェ デリーモ」空いてたので迷う事なく入りました。
11時台って狙い目かもしれません。いつもやたら混んでるので。
a0312665_19532926.jpg
ピザランチ。1080円プラス300円で、ケーキのセットになります。
ピザは無難なお味。
ケーキはショーケースの中から選ぶようになってます。
すごい迷うんですが、店名と同じ「デリーモ」にしました。
a0312665_19535916.jpg
エスプレッソが入ったケーキだったか、すごく美味しかったです。
料理が出てくるのに、時間がかかって、焦って食べてました。
もう少しゆっくりしたかった。
今度はパフェ食べたいです。
しかしケーキはどれも500円位するので、ランチのセットはお得だと思います。

映画の方ですが、所謂女の子の青春映画です。
高校から大学に行くまでのお話ですが、私からすると遙か過去の事なので共感は全く出来ず。。。
なんか忘れたような出来事ばかりで、わかるわかるーなんてちっとも思えず。
どちらかというとお母さんの立場ですが、私には娘もいないので、やはり共感出来ない。。

ただ、主役の子はすごく良かったです。
「ラブリー・ボーン」の子なんですね。
後、「君の名前で僕を呼んで」のシャラメ君が出てました。
この子は伸びそうですねー。綺麗なお顔だし。
といってもまだ20歳位?
息子でも良い位の歳なので、無論キャ〜なんて気持ちにもならず。。
32歳のデイン・デハーン位までかなあ。キュンキュン出来るのって。
20代だと子供の年齢になっちゃうし。

評判はすごくいい映画ですが、年齢によってはイマイチ共感できないかと。
私はそれ程だったかな。
テンポはいいので飽きなかったけれど。

[PR]
by tabbythecat | 2018-07-07 22:26 | 映画

ピーターラビット

先日、「ピーターラビット」まさかの吹替版で見に行っちゃいました。

というのも、友人と何か見に行こうという話になったんですが、友人チョイスで時間的に吹替版しかなかった事もあり、たまにはいいかなと。
人と映画を見に行く時、自分が見たいものと合わない事が多いので大抵一人で行ってます。
怖い映画はダメとか重い内容は嫌とか、一緒に見れるのって限られてしまうので。

今回は東武練馬にて。
吹替版という事で館内お子様連れが多かったです。

ピーターラビットって結構ダークな内容なんですよね。
お父さんがパイにされて食べられてしまったとか。
本作もブラックユーモアたっぷりで、テンポが良くて飽きさせない内容でした。
気楽に見れるし、面白い作品でした。

ピーターラビットの声は千葉雄大君なんですね。
全然気付かなかったと言うより、千葉雄大君の声をほとんど聞いた事ないので分かるわけないです。

来月あたりは「レディーバード」見に行こうかなあ・・・
そういえば日比谷シャンテの脇に新しく出来た中華屋さん、行ってみたいです。
お値段もリーズナブルらしく、並んでいるので暫くは混んでるのかなあ。


[PR]
by tabbythecat | 2018-05-30 22:47 | 映画

君の名前で僕を呼んで

GWが終了し、一息ついた所で早速映画を見に行きました!
本年度アカデミー作品賞にもノミネートされた「君の名前で僕を呼んで」。
所謂ゲイの映画です、で脚本がジェームズ・アイヴォリー。
昔「モーリス」や「眺めのいい部屋」ヨーロッパ映画もよく見てました。

今回は日比谷のシネマズシャンテにて。
映画見る前に早めのお昼ご飯を、銀座SIXに行こうかと思ったけれど、シャンテからは少し遠いので近場にしました。
シャンテの地下2階にあるオーガニックレストランにて。
a0312665_20121359.jpg
ハーブチキンがなんたらかんたらってメニューに書いてあったのですが、チキンは本当に気持ち程度で野菜てんこ盛り。
奥にあったソースはアボカドか何かと思ったら、サラダのドレッシングでした。
店内は女性ばかりで隣に唯一男性が座っていました。
映画館もほぼ満席だったのですが、ほとんどが女性。
男性は見に行きずらいだろうなー。
特に男性2人とかだと、あらぬ疑いをかけられるだろうし。

しかし、男性同士で映画って見に行ったりするんでしょうか・・・・
大抵は彼女だったり女友達とか、一人だったりがほとんどだと思うけど。
友達と見に行くって聞くと、ああ女の子かなあって勘繰っちゃうけど。

つくづくお洒落なオーガニック系の食べ物はお腹はいっぱいにはなりません。
お洒落なレストランでお洒落な食べ物を食べる私を演出する為に入ったようなものですから(笑)

肝心の映画ですが、もうとにかく美しかった!!
主演の俳優2人といい、イタリアの風景といい、絵画を見ているような美しさでした。
エリオ役のティモシー・シャラメ君。アカデミー主演男優賞にノミネートされてたんですね。
初々しくて、華奢な体つきで綺麗なお顔の俳優さんでした。
お相手のオリヴァー役がアーミー・ハマー。
この人とマット・ボマーは誰が見てもTHE・イケメンな顔立ち。
イケメンな役しか出来ない人達ですよねえ。
ブラッドリー・クーパーあたりだとコメディもイケるけど、アーミー・ハマーとかは整いすぎてて難しそう。
顔も完璧だけど、プロフィール見て経歴も完璧すぎてビックリ。
曾祖父が石油王!で父親は会社をいくつも経営してて、身長196センチ!!
奥さん4つ年上って所も、なんか素敵。
年上を選ぶ男性って好感度上がるんですよね。

で、映画の設定でオリヴァーは24歳なんですが、とても見えなくて・・・・
34歳なら納得って思ってたら、実年齢31歳なんですね。
お相手のエリオは17歳に見えたけど、オリヴァーに身を任せている時はまるで女の子になってた。
2人とも綺麗だから彫刻を見てるような美しさで嫌らしさは感じませんでした。

最後の方でお父さんがエリオに語る言葉がグッときました。
ものすごい理解のある両親で、2人の仲に気づいてあえて一緒に旅行に行かせたり、息子を尊重しているのね。
「心と体はひとつしかないのだから、抑えることはない。」ってな事を言うんですが、もう泣きそうになってしまいました。なんていいお父さんなの!って。

この映画はゲイだから偏見を持たれるとかそういう描写は一切なく、そもそも2人とも彼女がいたりするんですよね。
全編ウットリで、ラストの方のシーンはウルウルきてしまい、すごくいい映画でした。
私は「シェイプ・オブ・ウォーター」よりもこちらのが断然良かったなあ。


[PR]
by tabbythecat | 2018-05-17 22:09 | 映画

ヴァレリアン

先日オープンした「ミッドタウン日比谷」内にあるTOHOシネマズへ行って来ました。
「ヴァレリアン」を見て来ましたよー。
今日は暑かった。そして、人が多かった。
シネコンタイプの映画館です。あんまり好きじゃないんだけど、シネコン。
日比谷の街にも合わない気がして。

しかし、平日なのにすごい人人人。。。
全てがお洒落な感じでしたが、銀座SIXに似た感じかなあ。
飲食店が非常に充実してて、入りたくなるようなお店が沢山ありました。
その中でミートボールのお店が手頃だったので、お昼ご飯にしました。
値段は良心的で、量と味はまあ普通かな。特別美味しいわけでもなく・・・

B1Fにあるカフェの日比谷店限定パフェというのが食べてみたくて、2300円もするんですがー。
今度誰か誘って行こうかな。2300円のパフェ一緒に食べてくれる人いるかなあ。

映画館の方は、すごく見やすい席でした。全体的に斜めに上がっている席なので、どこも見やすいんじゃないかなあ。

映画は、正直退屈だった・・・・
というのも私はSF映画が好きでなくて。
「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」も相当退屈だったし、「ブレードランナー2049」も意味わからなかった。
今回リュック・ベッソンで、あんまり好きじゃない監督だし。
「レオン」は良かったけど、その他は微妙。ロリコンだし、この人。

ともかく今回はデイン・デハーンを見たかっただけ。
出だしからデインが可愛い~
お顔の割に低い声も健在で、今回は黒髪に染めて前髪もありでキュートさ満点でした。
お相手のカーラも可愛かった。
確か彼女は同性愛者だったと思いますが。最近パリス・ジャクソンと写真撮られてた気が。。

今回のデインは若干チャラい役で、いつもの陰のある青年とは正反対なんだけど、そんな彼も似合ってたし良かったなあ。
カーラと並ぶとお似合いで、正直奥さんのアナ・ウッドより似合ってた。
奥さん年上だし、デインが若く見えますからね。

ビックリしたのがイーサン・ホークの扱い。
出演してるのは知っていたけど、イーサンの無駄使いにも程がある。
あんな役よく引き受けたなって位のしょぼい役でした。
特別出演ならわかるけど、そうじゃないのよね。
リアーナはセクシーで踊りもカッコよかったけれど。

あまり話題にもなってないけれど、本国でも大コケだったみたいですね。
せっかくデインが主役なのにな。
ともかくデインとカーラが可愛くて目の保養にはなりました。

そういえば、日比谷界隈では見た事なかったカルディがミッドタウン日比谷に出店してました。
カルディ限定の「ミレービスケット」を購入。
高知県のお菓子ですが、最近はどこでも買えるようになりました。
美味しいんですよ。「真面目なお菓子」とか書いてあるけど、何が真面目なんでしょうか。
添加物とか余計な物入ってないからか?
そもそも不真面目なお菓子なんてあるのか?夜のお菓子うなぎパイか?

あ、カルディ限定のやつは微妙に味が薄い感じがしたんです。
塩味がちょっと薄いかな。
それと、パン屋さんでいくつかパン購入。
クロワッサン美味しかった~。
そういえばシャンテの中も新しくパン屋さん出来てました。今度行ってみたいと思います。

ミッドタウンはしばらく混んでるだろうから、銀座SIXがそろそろ空いてきてる頃ですかね。
今度は銀座SIXのお店入ってみたいと思います。





[PR]
by tabbythecat | 2018-04-04 23:24 | 映画

シェイプ・オブ・ウォーター

ネットニュース見てたら、リュック・ベッソンが来日してる!?
「ヴァレリアン」の宣伝の為に!!
って事はデイン・デハーンも来てたりする!?
と思ったけど、どうやらデインの来日はなさそうです。
最近のデインは、ティーンの役はさすがに出来なくなったか年相応の役が多いですが、イマイチ伸び悩んでいる感じ・・・・
少年の頃の危うさとか屈折した雰囲気がとても魅力的だったので、それが抜けちゃうと普通の青年になってしまうんですね。
最近DVDで見た「キュア」もイマイチ内容もパッとしないしデインもそれ程でした。

しかし!今月末から公開される「ヴァレリアン」のデインは予告見てるだけでもとても素敵。
髪を黒にして少し若返ったか、すごくキュートです!


という事で、先日「シェイプ・オブ・ウォーター」見てきました。
本年度アカデミー賞作品賞受賞。
予告でこの映画を知ったときは、さほど面白そうとは思わずノーマークでした。
何となくシャマラン監督の「レディ・イン・ウォーター」みたいな感じかな?と題名だけで判断してました。
そんな事思ってたらいつの間にかアカデミーにノミネートしてて、作品賞まで取ったではないですか!
これは見なければ!と映画館へ。

感想ですが、悪くはないんだけど私は「スリー・ビルボード」の方が好きでした。
内容が濃いし、賞取るのに相応しいのは断然「スリー・ビルボード」だと思ったし。
「シェイプ・・」は、大人のおとぎ話というかファンタジーというか。。。
見ている間は素敵なお話しねえ・・・と思いながら見ていたのですが、ありきたりな内容だし、展開が読めてしまうし、最後はああなるんでしょとお決まりのラスト。

主役の女優さん(サリー・ホーキンズ)は勿論すごく良かったんですが、女優賞を取ったのはフランシス・マクドーマンドでしたね。相手が悪かったと思う。
フランシスでは太刀打ち出来ないでしょう。

ストーリーは本当によくある話で、レビュー読んでてハッとしたのが昔見た「スプラッシュ」に酷似していると。
トム・ハンクスとダリル・ハンナの映画ですが、男女が逆転しただけで確かに内容はそっくり。
ただ、映像とか描写は凝っていてこの監督の世界観が好きな人には面白いのかと思います。

ひとつ納得いかないのが猫がひどい目に遭う描写がありまして・・・
それが気に入らない原因のひとつ。

去年も「ラ・ラ・ランド」の方が「ムーンライト」より遥かに良かったと思ったけど、今年も同じ。まだ作品賞ノミネートされたのは2本しか見てませんが。
そもそも「ムーンライト」はゲイの黒人が主人公だし、「シェイプ・オブ・ウォーター」の主人公も口が聞けない女性で彼女の周りもゲイや黒人とマイノリティばかり。
恋に落ちるのも異形の半魚人だし。。。

トランプ政権になってから、マイノリティを描いている映画に賞あげる傾向になっているんでしょうね。
ハリウッドは反トランプが多いし、ユダヤ系でないのも気に食わないのか。
アメリカの大統領ってユダヤ系でないとなれないって言われていたから、そうでないトランプは相当邪魔者なんでしょう。
娘婿はユダヤ系らしいから側近のバノンと合わないんでしょうが。
トランプさんって典型的なザ・アメリカ人だと思うんですが、そこら辺が自分たちの恥部だと思ってるんですかね。
反トランプがカッコいいみたいな風潮が私には気持ち悪く感じるんですが。
セレブに関しては同族嫌悪なんじゃないかと思いますけど。
そもそもオバマさんだって銃規制もしてないし、何もしない大統領って言われてたのに。

話反れましたが、「ラ・ラ・ランド」や「スリー・ビルボード」のような白人が主人公の映画は賞取るのは難しい時代なようです。
来月は「ヴァレリアン」でデイン・デハーンを堪能してきます。


[PR]
by tabbythecat | 2018-03-18 21:25 | 映画

スリー・ビルボード

本年度アカデミー賞作品賞ノミネートの「スリー・ビルボード」鑑賞してきました。

予告で見た時はそれ程魅力的な作品に感じなかったんですが、やはりアカデミーの力は大きい。
見たくさせる・・・
ビックリしたのが、「ゲットアウト」がノミネートされていた事。
確かに奥が深い作品ではあるけれど、とても意外で。
正直、「ゲットアウト」よりも「スリー・ビルボード」の方が良く出来ていると思いました。

ジャンルはクライム・サスペンス?人間ドラマとして見ても面白い作品でした。
役者が揃っていて皆良かったです。
主役のフランシス・マクドーマンドは勿論上手いし、サム・ロックウェルも嫌な警官役が合ってた。
所々でブラックユーモアにも溢れた作品です。

主人公のミルドレッドは娘をレイプされて殺され、元夫は19歳の女性と浮気して離婚してる。。。
これだけで気の毒で仕方ないのですが、唯一の救いが息子の存在かな。
息子役が「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の男の子だと思うんですが、まともに育っている感じの母思いの息子君で、彼の存在が救いかと。
元夫がキレてミルドレッドに暴力を振るおうとした時も、母を守るべく立ち向かう姿とかやはり息子っていいなあと思ったり。育て方間違えると大変だけど。

サム・ロックウェル扮するディクソンは悪徳警官で嫌な奴なんだけど、最後の方で改心して人間らしさを見せます。
最後のシ―ンも良かったです。
若いころだったらこの手の映画は理解出来なかったけれど、今の年齢で見るとすごく面白い。

日比谷シャンテで鑑賞したのですが、シャンテのレストラン街がリニューアルしてました。
そして、向かいに新しい商業施設のようなビルが出来てました。オープンはまだ。
映画を見る時はなるべく有楽町・日比谷界隈に行ってます。

近頃、歳のせいなのか?イライラする事があったりすると寝付けない事が多々ありまして。
自分でも嫌だなあと思ってはいるものの、ついイラっとしてしまう・・・
と同時に自分自身も知らずに人に嫌な思いを与えているとは思うのですが。
そんなんでモヤモヤしていたのですが、友人からかかってきた電話のくだらない内容で一気に吹き飛んだ。
友人曰く、ここんとこ熱があって体調が悪かったけれど、今日は熱を測ったら34度だったのって、低すぎだろ。どんだけ低体温なのよと笑ってしまいました。
LINEでの友人とのやりとりも私にとっては癒しの空間だったりする。
やっぱり一番は昔からの友達ですね。


[PR]
by tabbythecat | 2018-02-16 22:56 | 映画



猫と仕事と趣味のお話し